スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/12 秋葉原アメニティードリーム魔法図書館

昨日の文字数が多すぎたので本日は軽めに。(文字数的には全然軽めじゃなかったですね)
12名でのスイス方式でしたが、階段が崩れたために3回戦で終わりました。

使用デッキ:花月(こちら)

<早見>
月単 ×
宙単 ○
雪単 ○

2-1

<詳細>

・一回戦:月単(賽銭詐欺型) ×

安心の後攻率。相手は初手、向こうから見て右AFに賽銭詐欺から4.0永琳。
ターンを貰うもハンドが厳しい。小型がハンドに1枚もなく、仕方なく中央AFに白蓮、左AFに村紗。
相手の永琳攻撃に対し、ディープシンカー対応きのこ対応ディープシンカー。
非常にもんにょりしながらこのターンは4点を貰う。相手はそこから、パチュリーを村紗対面に。更にパチュリーから逆サイドAFに霊夢。なかなか強い展開。
返し、やはり小型を引いてこない。仕方ないので左DFに静葉を置いて、村紗と白蓮がパンチ。
相手ターン、永琳の攻撃はスルー。霊夢攻撃時二重結界に対しては空き巣で減速。
ここで相手は永琳能力で紫を引っ張ってきて、更にパチュリー+賽銭詐欺から中央DFに紫の登場。
かなりうまく立ち回られた印象です。
こちらは、返しに手遅れ気味の上海を右AFに出して村紗がパンチ。白蓮が止まってしまうのはやむを得ないですが、このデッキの弱点を付かれたような気もします。
(※その後相手は毎ターン外の世界を使っています)
相手ターン、まず霊夢からパンチ。
あとで振り返ってみると、法の光の宣言タイミングはやはりここだったかな?という気がします。
紫のジャンプを止めても、白蓮が止まったままなのではあまりアドにならないかなと迷ってしまったのですが、相手はドローソースがうまく回った分デッキをかなり削っているので(詐欺とパチェ、永琳能力で既に8点)たとえこちらの白蓮が止まろうが、このターン紫が殴ってこないだけでも十分にテンポアドになることを失念していました。
何より、そのターンの外の世界を向こうはまだ宣言していなかったので。

実際には、迷った挙句にそのままスルーし、紫ジャンプ、外の世界、永琳紫アタック、中央DFにミスティアと、ほぼ完璧な動きをされてしまいました。
自分でも散々お世話になっているのに外の世界を軽視しすぎですね。これで大分不利になりました。
返しのターン、村紗パンチは相手スルー。ミスティアを倒しに行くにはデッキが少なすぎる印象だったので、仕方なく上海もパンチで白蓮は立ったまま。中央DFにルナサをおいてターンを返す。
ここでも、法の光を使うか微妙なタイミングでした。が、相手の残ったDFに出てくるのが豊姫だとすれば今撃つ場面ではないか? と考えてしまい、ここでも外の世界をスルー。と、パチュリー能力から上海対面に出てきたのは輝夜でした。これでほぼ勝負が決まった感じです。
この後、上海自滅後右DFへにとり、右AFに椛等を置いて打点を抑えつつ滑り込みを狙いましたが、最後はエクスペリーズカナンに対応してきのこを使用され詰め手を失い、投了しました。

リリーホワイトや号外をすべて叩き落されたことや相手の動きが非常に強かったのもありますが、法の光を適切に打てればまだ勝負になった気がするので、そこが悔やまれるところです。
あれくらいドロソが機能すると楽しいだろうなぁ。

見た感じ相手のシステムは、梅雨、きのこ、空き巣、永夜、賽銭詐欺でした。面白そうです。

・二回戦:宙単 ○

そろそろ先攻引きたいんですけどじゃんけん弱すぎじゃないですかね俺。
相手は初手に、相手から見て左DFに4.0神奈子。右AFにヤマメを置いてエンド。
こちらは返し、相変わらず橙を引かないので左AFに上海、中央AFに白蓮。白蓮多いなぁ。
余程神奈子に幻想郷縁起を張ってやろうかと思ったのですが、流石に舐めプに過ぎるのでぐっと我慢。
次のターンのフルパンチは甘んじて受ける。ここで中央に諏訪子、とか言われると大分苦しそうだなぁと思ったんですが、相手は何もせずにエンド。
天則が怖くて展開しにくかったのですが、まともなものを引いてくれない。ただそのまま打点を先行されるのも辛いので左DFにルナサ、右DFに雛を置いてみます。かなり嘘っぽい動きですが、相手にハンドを使ってもらわないと中央DFにキャラを出す気が起きなかったんですよね。
ヤマメの後ろにメディスンが出てくるならそれは別にテンポアドになりうるのでいいかなぁと。
そのうちきのこ引けば相打ちが取れるわけですし。
AF二人はそのまま殴ってターンを返すと、相手は中央DFに美鈴。そのまま神奈子が殴ってきたので、対応法の光。雛でキャッチしてルナサ能力で止まる。これは相手のミスですね。
するとヤマメがそのまま攻撃してきたので、AFのおかわりが来るのかな? と思いキャッチ。死んだ場所に幻月を出されたりすると結構嫌だったんですが、実際は殺人ドールを使ってきました。
ルナサが一方落ちとはいえ、これは完全に向こうのテンポ損。これで大分楽に。

相手のハンドが2枚になったので、こちらターンに中央DFにリリー、右AFに椛を展開して盤面お花畑。
次のターン以降は、相手のDFも特に沸かずに殴りあいになり、盤面が完全にこちら有利のまま最後まで。
何故か最後は花リグルの能力で詰めてましたが、非常にどうでもいい話。
ゴミ箱を見た感じ、天則も諏訪子も入っていなかったようです。それなら特に紛れませんでしたね。

・三回戦:雪単 ○

比較的まだ初心者さんだったようです。
ようやく先攻。右AFに椛、中央に白蓮を置くと白蓮に藁人形。ハンドにティータイムと縁起があるかを確認。
確かティータイムはあったんでしたっけ。警戒しつつエンド。
相手は返しに咲夜を出してエンド。
此方は椛で殴ってから、小型を引けないので左AFに村紗。一応DFに下げておきます。
どうも相手はフランを引かなかったらしく、中央AFに霊夢を追加して咲夜パンチ、エンド。
此方は村紗が前に出て椛と殴り、中央AFにエース優曇華。
相手中央AFにフランが出ないのが確定した時点でティータイムを捨てます。
相手は二人で殴った後手品師。しかしそのままエンド。
その後は、除去が飛んできたりしたものの除去後の空いた場所に橙が出て、向こうはハンドが間に合わないままそのまま打点差が広がり終了しました。やはり雪は、AP3と除去しか引かない事態になるとどうにも辛そうです。
まだ周りが終わってなかったようなので少しだけプレイングの話をして、フリプしながら談笑しつつ。
雪月花使ったら、何故かフラン登場が通って妖打たれた挙句花映塚で相手の幽々子を貰って気持ち悪い動きをしてたりしましたがそれもどうでもいい話。アレを銀符とは言わない。

某入賞常連が階段でコケたので、決勝卓で月単(1戦目の方)に勝った花宙フランがこの日は優勝でした。
組み合わせの妙というと非常に失礼ですけど、環境的になかなか不思議な着順になりましたね。

・その後のフリプにて 花雪星 ○

今日の2勝1敗同士でということで。まあいつもの人なんですけど。
結構面白い勝負になったので載せてみます。

此方先攻から右AFに上海。先攻取れたはいいものの、ハンドがしょっぱい。
何も出せずにエンドすると、相手は上海対面上海、中央AF魔理沙。強い。
ドローしても、手札にアタッカーらしきものが豊姫(笑)しか居ないので、仕方ないのでパンチした後上海後ろに雛、中央DFリリーホワイトと後ろを固める。あんまりいいプレイングじゃないのは自覚してますが、他に何もできない。
あ、勿論リリーから先に出してますけど引いたカードはシステムだった気がします。
相手、先に魔理沙から殴ってくれたので安心してリリーキャッチ、雛サポート。相手の上海だけをスルーし、相手は左DFにメリーを追加してエンドまで。向こうもそこまで良いハンドではないらしい。
こちら、上海パンチの後、藁人形を恐れつつ中央AFに村紗。これは通るらしい。そのままエンドまで。
相手ターン、中央DFレティが追加。ここで先に上海パンチと言われると結構迷うシーンだったんですが、相手は先に博麗神社でAF二人を入れ替えました。当然魔理沙はスルーし、上海はそのままだと止まる形になったのでノーザンウイナーでリリータップからのパンチ。ここでレヴァリエを言われそうになりますがこれにはきのこ。
ターンを貰って、村紗パンチ。これに対してもノーザンウイナー。上海はスルー。
そろりそろりと橙を出してみますが当然のように藁人形。しかしこのままだと打点が辛いので、ハンドを全て投げて左AFに花霊夢を出しました。暫くは除去も来ないはず。
相手はレティを守るためか右DFに穣子を追加。しかし、相手の上海は通らない。魔理沙だけ殴ってエンド。
こちら、2ドローがルナサ、ルナサでキャラが出せるという驚きの引きをしますが、流石にハンドなしの状況を続けたくないのでそのまま霊夢と上海で攻撃します。その2つはスルー、レティは鉄壁過ぎるので当然村紗はそのままでターンを返しました。
次のターンも同じく魔理沙だけ通して終わり。右AFにキャラが出ないのが辛そう。
こちらは今度は2ドローが橙、花阿求(ピン積みアイドル)。まさかの強力な引きに感動しつつ阿求を左DFに。
盤面的にほぼ最強のカードでしたね。
霊夢と上海はスルーされて、ターンを返します。
相手、魔理沙パンチの様子見。こちらは雛キャッチから阿求の遠隔サポート。相手のメリーがサポートしてきたので、素直にリリーもサポートで雛を生かします。上海はスルーして、相手はまだハンドが苦しい様子。
ただ、霊夢にそのうち妖が飛んでくるのが目に見えていたのでまだ有利とは言い切れない状態です。
ターンを貰ったので、上海と霊夢がパンチ。これがまだ通る。
向こうにターンを返すと、相手は魔理沙パンチ。先程と同様に雛キャッチ阿求サポートと行くと、再びメリーのサポート。ハンドにルナサが居たので、今度は雛をダウンさせます。
相手は穣子の前に椛を出して、上海がパンチ。これにはリリーキャッチ、村紗でサポートからフルサポートバッチコイの構え。相手は椛、レティがサポートに入ったのでリリーが落ちます。
ターンを貰って、全員パンチ。穣子はチャンプで死んでいきます。
博麗神社が全落であることを確認し、右DFにルナサ。阿求が輝いている。そして中央DFには優曇華。
対レティ最終兵器ですね彼女。
ターンを返し、相手は上海パンチから。当然キャッチし、まだ死ぬのは惜しい感じがして阿求がサポート。
上海は一方死。椛はスルー。
相手は霊夢正面にリリーホワイト。魔理沙が中央に飛んできて攻撃を喰らいます。
しかし花雪星という色の流石の粘りで、リリーエスケープからもっちもちアリスの2点回復。更に霊夢に対して西行妖で3点回復してきます。
こちらは詰め手が苦しいかなという感じですが、一応ハンドに号外が残ってはいました。
ターンを貰って、上海パンチ。これを相手はスルー。
このターンでは詰め切れないのでターンを返します。
相手、椛パンチ。これは当然チャンプし、魔理沙は殴れない様子。相手はこちらの上海対面に橙をおいてきます。
次に耐え切った後の詰めの図を見てきたようですが、どうだったか。

ラストターン。
2ドロー、霊夢、幻想郷縁起。 …幻想郷縁起?
思わず、まだ残ってたのかよ! と叫びましたが。まさかのドローでした。
相手のデッキが7枚だったので、メリーに縁起を貼りつけてから上海パンチでメリーを倒し2点バーン。
号外で入れ替わり殴って詰めきり。

橙が機能しなかったのはお互い様として、なかなか面白い(酷い)勝負でした。
途中と最後が右手ゲーだったのは否定しませんけど。いやまあ。

しかし今計算し直すと、博麗神社と藁人形の時に両方回復されてたみたいですね。
結果的に華麗な詰めで勝ったから良いんですけど、お互い忘れてることあるから気を付けないとなぁ。
まあ神社のタイミングあそこじゃなくても似たようなもんだったろうし、同じ事ですかね。

花雪星に連日勝ったとはいえ、どちらもまるで勝った気がしない試合でした。
相手の引きが強かったのか? と言われると、正直こちらも似たようなものだったと思うので地力ではどちらが強いのかよく分からないところですが。どちらも先攻だったことを考えると、花月と花雪星のカードはほぼ先攻ゲーなのかなぁという印象ですね。向こうが先攻で勝てる気はちょっとしないです。
それで互角というのは傲慢かもなぁ。むむむ。

今日はそんなところで。
頭でっかちなのはいいけど大会に行って実践値も積まないといかんですなー。
スポンサーサイト
プロフィール

だくねす佐倉

Author:だくねす佐倉
TCGは東方銀符律とかいうのをやってた人です。
CoJは難しいなぁ。今はJⅢ。
天子とか阿求とかすき。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。