スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/13 蒲田カードラボ宣技研

使用デッキ:花t雪(いつもの)

マラソン最終日。4日連続で花t雪を回し、最終的な型を調整したいところ。
そんなに人は多くないと聞いてきたんですが、この日は私含め初参加の人が多かった様子。

<早見>

宙月 ○
花雪星 ×
花雪星 ○
日単 ○

3-1

<詳細>

一回戦:宙月

先攻。
昨日の方とはまた違う構築。紅魔館よりで、月フランとかが見えました。
初手に大妖精、リリーホワイト、さとり、橙という面子が初めて揃ったので、安心して左AFにさとり。
ひとまずそのままエンドまで。
返し、相手は右DFに5.0小悪魔から、能力。右AFに3.0慧音、中央AFに2.0魔理沙でエンド。
ターンを貰って、慧音対面DFに天子。中央AFに橙を置いてさとりがパンチ。スルーには橙がサポート。
ターンを送って、相手は魔理沙パンチ。慧音は迷った挙句に結局殴らずにエンドを貰います。
こうなると打点レースは此方が強い。中央DFにリリーホワイトで天子を右AFに移動、橙がパンチ。
スルーされて、左DFにアリスを出してドローを選択。さとりパンチにはスルーからアリスがサポート。
天子が6点パンチで、このターン13点のフルパンチが通ってエンド。
返し、慧音パンチはスルー、魔理沙はサイドステップからパンチ。これもスルー。
左DFに4.0にとり、中央DFに5.0美鈴を追加されます。
ターンを貰って、さとりパンチ。これには小悪魔がキャッチ、橙がサポートで3点。
美鈴もサポートしてきたので、そこはそのままにして天子がパンチ。5点スルー。
美鈴バーンは食らってエンドまで。
相手は慧音パンチから。これにはアリスがキャッチ、リリーがサポート。
解決から、美鈴が前に来てパンチ。魔理沙もパンチ、スルー。
中央DFに1.0咲夜を追加され、美鈴バーンを貰ってからエンド。

さとりパンチ、小悪魔キャッチから橙サポートには小悪魔がダウンだったかな?
右DFに霊夢を追加して、ハンド2枚でエンド。
デッキ差が12枚程となり、完全にひっくり返らない状態になって相手の投了まで。

初めてさとりが綺麗な回り方をしてくれましたね。
多くの場合こううまくはいかないのでしょうけど、この動きをしてくれるなら十分戦力です。
1ターンに13点(橙分含めれば15点)がガン通りするというのはこのデッキでは最大効率ですし、隣に橙を並べられる盤面ならさとりは積極的に出して行っても問題なさそうな感じ。
現状の2積みから増やすかと言われるとノーですけど、この仕事を見せてもらえるなら現状維持かな。
同色系等なら打点のゴリ押しが出来る存在は貴重ですし。

二回戦:花雪星

後攻。
大体このミラーは引きで殆ど話が終わる。終わりました。
相手は右AF椛、左AF橙エンド。
此方、アタッカーが藍と霊夢のみ。大妖精すらなし。右に霊夢、左に藍でエンド。
相手はパンチから、椛の後ろにレティを追加でエンド。
此方、右DFにリリー。対応で藍にノーザンウィナー。タップから、霊夢が中央AFへ。
霊夢パンチから、右AFにトップの上海を追加してエンド。
相手は椛パンチから、賽銭箱。中央AFに文は藁人形。
橙が中央にサイドステップからパンチ。中央DFに雛を追加されてエンド。
ターン貰って、霊夢と上海は通る。中央DFに雛を追加して、迷った挙句に狐狗狸さんでレティをAFへ。
藍パンチでハンド0のままエンドまで。
唯一選択肢があったとすれば、先に狐狗狸さんで移動させた後雛を椛対面に置くべきだったかどうか。
配置の図としては正直あまり良いとは思えないのですが、それでも此処は引きを信じて少しでも多く稼ぎに行くべきだったかもしれません。此処までの打点差で既に勝てる図が見えないのですが。

ターンを送って、椛パンチはスルー。左DFに5.0阿求を追加、レティがパンチ。これはキャッチして、厄神様を宣言すると向こうも雛人形を宣言して阿求サポート。結局此方も雛サポート。
解決して、橙をスルー。右DF藍対面に魔理沙が追加、レヴァリエ。ここで頼みの綱の夢想封印が全落。

この後は椛に夢想封印を言い続けるだけのゲームでしたが、向こうにも阿求というワンハンド夢想封印が盤面に立っている以上勝ちようがなく。
最後は相手の雛がダウンした後、橙が椛能力で後ろに下がってから中央AFに上海追加、博麗神社から魔理沙のパンチが通って詰め。

此方が花雪星に上回れる要素はパンチャーの層の厚さと安定力、詰めの強引さ等ですので、それがどうあっても生きない初手と盤面になってしまうとどうにも苦しいですなー。
それはそうと雪阿求を使いたいので花雪はもう一個作りたいです。

三回戦:花雪星

後攻。引きゲー再び!
相手は左DFメリー、右AFに上海でエンド。
メリーのコストに妖を切ったので、藁人形を構えているのが確定の状態。
そして此方の初手、守矢神社3枚に夢想封印2枚、霊夢、幽香、椛、大妖精。
流石にここまでされちゃうとどうにもならないかなーと…
椛エンド、というのも考えはしたんですが、結局相手のハンドに余裕をもたせるのは相手を余計に助けるだけに見えたので、見えている藁人形に幽香が突っ込む。退場から3点回復。
右AFに椛エンド。
相手は上海パンチから、椛を左AFに追加でエンド。
此方、右DFにレティ追加で椛が殴ってエンド。
相手の上海パンチはスルー、椛パンチにはメリーをノーザンで寝かせてキャッチ。解決。
ターン貰って、椛パンチから中央DFにリリーホワイト。ドローにかけますが、トップ椛。
流石に負けを覚悟。左AFに霊夢でエンド。
ターンを送って、相手は上海パンチ。椛パンチにはノーザン。博麗神社で回復。
いよいよ無理ゲー臭が濃厚になってきますが、橙が出てこないだけマシか。此方も出ないけど。
ターンを貰って、椛と霊夢がパンチ。スルーされたのでエンド。
ターンを送ると、霊夢に西行妖。コストが揃わなかったようで、コストにも妖を含む4ハンド除去。
対応で、上海にイベント夢想封印。そんなことやってる場合じゃないのですが、この2点バーンが命綱。
先に上海を殴られていたらこの夢想封印は言えないので、これは相手のプレミかも。
というより、ここまでかなり打点差がついているのでコストが揃わないなら無理に妖を打たず、2枚の妖を残される方が此方は辛かったしそれだと確実に勝負がついてました。
その辺りはバランス感覚ですね。相手は取りに行く必要のないアドを目指してしまった印象。
そのままエンドされたので、此方はターンを貰ってトップに天子。
椛パンチをスルーされて、天子降臨。AFキャラこの子しか居ないし、信じる以外に他がない。
先に天子出しておかなきゃいけないので微妙にプレミでしたが、一応響かないミスでした。要注意。
ターンを返すと、上海パンチ。これはスルーして、相手は中央AFに魔理沙、中央DFにレティ追加。
これは辛いけど仕方ないですねー。レヴァリエ貰ってエンド。
ターン貰って、天子にステップつけてみますが当然ノーザン。
最後に更に夢想封印を引かされたので、これはワンチャンスが見えるか? といった感じ。
エンドで返し、相手は上海パンチ、リリーにノーザン。魔理沙もスルーし、椛パンチにはキャッチ。
メリーがサポートして此方のレティが一方ダウン。
ターンを貰って、椛パンチから天子がステップ、パンチ。
此処で相手のデッキ枚数とゴミ箱確認。妖が落ちきっていたので、唯一の勝ち筋が見えました。
右DFにレティをおかわりしてエンド。
相手の上海はスルーしますが、右DFに藍を追加されます。
能力でリリーを前に出されて、魔理沙パンチ。これはスルーしてエンド。

最終ターン。レティでメリーをタップ、椛パンチ、リリーも天子のためにパンチ。
天子を6点にしてから、藍をイベント夢想封印で寝かせてパンチ、守矢神社で12点。
最後の最後で無理矢理ひっくり返しての勝利でした。

基本的に最初から最後まで10点差近くのデッキ差がありましたし、どうあがいても勝てなさそうな図でしたがそれをひっくり返せるのはやっぱり天子の強みですね。
といっても、相手のミスがなければやっぱり為す術なく負けているので…それはどうにも。
圧倒的な引きの差を相手のミス数個でひっくり返せたのなら十分ですかね。
流石に勝った気がしませんでしたが。
少なくとも一つ言えるのは、天子が好きでよかったということです。
その結論はどうなの。

四回戦:日単

後攻。
相手は中央AFにリリーホワイトから、右AFにリリー能力含めて霊夢登場という不思議な展開。
ターンを貰って、トップに天子が居たので当然の中央AFから、左DFに大妖精、前へ移動。
兎に角小型が初手に来ないこと。ぐぬぬ。日単相手なら大妖精でも良いのですけどね。
ターンを送って、相手は霊夢が能力からパンチ、リリーもパンチ。
天子を止めたかったのか、中央DFに美鈴。ハンド3枚と露骨な構えでエンド。
ターンを貰い、残念ながら号外が引けなかったのでどうしようか迷ったのですが。
そのまま天子は美鈴と睨み合いでもそこまで損はしないのですが、ハンドに幽香と橙が来たので相手ハンドを空にした方が分かりやすいゲームだと思い、ほぼノータイムで大妖精が2回パンチから天子が突っ込む。
ノータイムで突っ込んだことで号外警戒してくれたりしないかなぁと思ったのですが流石に無理でした。
キャッチからMPPが飛んできて天子退場。で、中央AFに橙、左AFに幽香を追加でエンド。
相手は霊夢が能力からパンチ、リリーエスケープ。美鈴が前に出てパンチから、橙対面にぎゃーてー。
流石に0ハンドからトップでその引きをされるのは辛い。一気に難しい勝負になってしまいました。

幽香と大妖精がパンチから、一旦大妖精を後ろに下げて中央DFにレティを追加。
流石にもうAFがハンドに残っていないのでターンを返す。
相手の霊夢はスルー、エンド。
幽香と大妖精がパンチ。エンド。
霊夢が能力からパンチは、対応で大妖精が飛んで来てキャッチ。
レティサポートに、美鈴サポートは対応で眠れる恐怖。
大妖精が仕事をし過ぎて怖い。
チルノを空きAFに追加され、パンチを貰ってエンド。
此方は幽香パンチから瞬間移動で大ちゃんが右AFでパンチから、チルノ対面に雛。
エンドして、チルノパンチにはキャッチからレティサポート。厄神様でチルノ一方落ちから、美鈴パンチにはここで初めて持国天の宣言。美鈴と霊夢はどうせ通るので、このターンにノーザンを言っておきたかった。
しかしここは普通に美鈴にもノーザンを言っておいたほうが差し引きでは得ですし、その方が良かったかもしれませんが…結果的にそのおかげで詰め切りに成功したので、この時点でデッキ枚数の計算に入る必要があったみたいですねー。流石に結果論過ぎるけれどどうなんでしょ。
きっちり計算して読み切れば実戦が正解なんですけど、引き次第で変化が多すぎるし流石にそれはできないかなー。ぎゃーてー登場前に一点だけ持国天鳴き忘れてたことの方が重大な失態ですね。

で、美鈴はスルーして霊夢は能力でパンチ。これもスルーして、ノーザンを響子に。
ターンを貰って、幽香と橙、大妖精でパンチしてエンド。
相手はドローから、幽香列にマスパ。霊夢がその後滑りこんで4点貰います。
エンド貰って、此方は大妖精がパンチから逆サイドへ行ってパンチ。号外で橙と入れ替わって、橙パンチ。(これがもっと序盤に出来ればと思いましたが、大妖精と入れ替えでは瞬間移動が出来ないし幽香と入れ替えはチャンプが美味しくない)相手のデッキが残り6枚、此方も6枚という状態でエンド。
相手は悩んだ挙句、中央にマスパ。
そのまま全員吹き飛び、霊夢が能力から中央でパンチには夢想封印。相手のハンドが空なので終了。

大妖精が合計で8点殴って、霊夢の4点を止めて詰めの1点にも必要不可欠と、もの凄い仕事をしていきましたね。勿論上海や椛等の方が分かりやすく殴り続けられたのは間違いないでしょうが、ハンドにAFが居なかった時の補欠としては驚くほどの有能っぷり。
これは環境的に静葉より使いやすいですね。月混じりならDFでぴょんぴょんしてるだけで良いですし(きのこはどうせ橙に飛んでくるから前に出なければ問題なし)日や宙にはサブアタッカーとしてちまちま稼げる。
単純にサポーターに近い運用をするのでも十分ですし、本領を発揮して貰えたなぁという印象です。
引き弱勢の味方。

と、3戦目と4戦目は此方の引きが弱かったり向こうの引きが強かったりで、相当苦しい戦いでしたがどちらも勝ちを拾えたのでよかったです。相当怪しかったですが。

この4連戦で、大妖精、さとり、アリスを試してみましたがどれも優秀でした。
さとりに関しては正直疑問符がつくのですが、妖夢や藍の枠に戻すかと言われるとそれよりかはさとりの方がパンチャーとしても最悪後ろでも仕事をしやすいかなと。
大妖精は日曜、月曜の様子をみる限り文句なし。
アリスについては、やはりDP3というスペックが非常に生きやすい環境なので出したい局面が多かったです。ドローと回復の選択が出来るのも強みですし、ハンドが腐っている時にドローの選択肢を貰えるのは美味しい。
1点ダメージな上にハンドが強い時は逆にデメリットにもなりえる特性ですが。
レティとリリーホワイトが並んでDP6が突破できずに相手が頭を抱えるシーンは何度も見てきているので、やはりDP5とDP6というラインは超えられない壁があるんだろうなと。主に対花で。

アリスと大妖精は枠を増やしてあげたいレベルなんですが、流石にこれ以上は…
ピン積みの2色大妖精は号外との入れ替えでしたが、やはりキャラ数の水増しとしてもコストとしても円滑剤になっているようなのでこれもこのままキープする方向で行きます。

2積みやピン積みが増えるのが改良とは言い難いところですが、以前より回りが良いので少しは強くなったかなと思いたいですね。
少なくとも、静葉よりも大妖精の方が優先です。結局環境に日の空が残っていることも含めてね。


それでは今回はこんなところで。
ドロソ考察の後編を書きたいところですが、また暫くかかっちゃいそうですねー…
スポンサーサイト
プロフィール

だくねす佐倉

Author:だくねす佐倉
TCGは東方銀符律とかいうのをやってた人です。
CoJは難しいなぁ。今はJⅢ。
天子とか阿求とかすき。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。