スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7.0月単の相性雑感

ちょっとした個人的なメモみたいな感じで。
本日の横浜でのランキング戦がなかなか面白かったので(ならレポを書け)月単の今後を考えるにあたって少し整理をしておこうかなぁと。

全て月単視点でのお話です。

・対雪t日

一番警戒したいのはやはりメリーとテーブルターニング、阿求辺りの空き巣じゃないと対処不能な面々。ターニングと阿求はまだみとりで止められるからいいものの、メリーが本当にどうにもならず。
相手がイベントをあまり引かないことを祈るしかなさそうですね。
梅雨てゐ(以下面倒なので梅雨亭で表記)としらさわでハンド差がかなりつけばメリーに空き巣から引きこもって勝つビジョンは見えそうですが、今のところ出来た試しはなし。ターニングの存在感。

それ以外に関しては相変わらずと言った感じで、メルラン型なら相手が除去を引き続けない限りハンドをうまく打点に還元できない、加えて相手にしらさわを止める手段が殆どないことでなんとかなりそうな印象です。空き巣と永夜返しがどうハンドに絡んでくるかですかね。

・対月単

ミラーは知らん。やったことも殆どないので知らん。
単純なプレイングなら押しきれる自信はありますが、今の月は梅雨亭としらさわの絡み方次第で引き勝負になってしまう部分が少なからずあるので…まあ、辛いのは間違いないでしょうねー。
後攻引いたら受けきれる引きを、先攻取ったらなるべく受けられないような攻めを。
頭痛いゲームですがそれ以外なさそうですねー。盤面を兎角丁寧に作るしか無い。

・対花単

今回実はそんなに対戦経験を積めていない(花単めっきり見なくなっちゃったし)のであんまりよくわかってなかったり。魔理沙とにとりはどちらも辛いカードなのですが、レヴァリエはレヴァリエで。
しらさわをうまいこと腐らされると苦しいところですが、今回此方は此方で早い段階で揃うとほぼ詰みまで持っていける梅雨亭があるのでむしろ相性は月側に傾いたのかも。
とはいっても、魔理沙のせいで白蓮が出ないと打点がろくに通らない印象も。
中盤以降は引き篭もって何も問題ないのですが序盤に最低限必要な物が引けないまま萃香や天子の打点を貰い過ぎると押し切られる感じですかねー。やっぱりまだ大分怖い相手。

・対宙単

今日のゲームで改めて思い知らされましたが、DF配置が本当に難しいし頭痛くなりました。
剣でテンポを取られるタイミングではDFを配置出来ませんし、迂闊に動いてイドの解放で潰されるのもやはり辛い。リグルや蓮子が小悪魔で気軽に止められてしまうのも嫌なところですね。
相手を悩ませるにしても止めるにしてもカギを握るのは依姫になりそうです。
改めて依姫の居ない月単は考えられないなぁと感じましたね今日は。
打点を止めるためなら早い段階から使っていきたい。ザ・ワールドは辛いですが相手はAF3体目を出さないとすることもないでしょうし腐りはしないかなと。
DP4のカードを上手く使って行きたいところで、にとりを置くタイミングがあるなら中央AFは白蓮よりも美鈴で戦いたいところですね。DFに白蓮をプレイ出来ると誤魔化しやすい。
一番簡単なのは初手で梅雨亭を押し付けることですが、まあそれが出来る時ばかりでもないでしょうし。今の環境では最もプレイングが難しい相手と言えそうです。
ワンミスで潰されるし、一番ダイヤ悪いんですかねー(初手梅雨亭揃わない前提で)。

・対日単

梅雨亭込みでもゲームが簡単にはならない唯一の相手。
というのも、お燐が結構刺さってるのでコンスタントに点数を入れられると梅雨亭以外のところでうまく立ち回らないといけないので。
美鈴もにとりを置きづらい以上戦力にするには心許ないですし、白蓮はお空で止められるのが辛い。向こうに回られたら基本勝てない相性ですかね。
永夜返しを引き込めれば綺麗に合わせておきたい。ティータイムが穣子のお陰で殆ど効果がなくなってしまったのもちょっと辛い感じ。
こればっかりは相手の動きを丁寧に見てハンドを読みながらレースをするしかなさげ。
しらさわは通ればラッキー程度に、一番頼りたいのは蓮子。
臨機応変に対応するしかない相手ですかねー。

・対月雪

しらさわミラー。
こちらは一応しらさわ対策がないわけでもないですが、後手後手に回るのは間違いないのでまあ引きでなんとかするしかないでしょうね。
こちらの引きをどうこうというよりは、相手がフル回転したら諦めるという感じですか。
理論上最強カラーに理論値出されたら無理に決まってるよねってことで。

・対花雪

メリー云々は既に述べた通り。加えて幽々子も居る、場合によってはレイムも出される。
レイムを出されると蓮子が殆ど躱されるのでそれが辛い感じ。
減速対決は空き巣を打てないとこちらの方がむしろ不利になりかねないので、出来れば相手の盤面が完成する前に潰してしまいたいところですねー。
幸い妖連打されてもこちらは怯まないので、相手は勝つためにそれなりにシビアなルートを要求されているはずです。後は信じるしかないでしょう。

・対月単幽々子型

先に梅雨亭決めた方が圧倒的有利。終わり。
回られたら基本無理でしょうね、勝つためには序盤のうちにハンドを稼いで幽々子能力を止めるのが必須条件。相手が引き事故って幽々子出せないのでも一応勝利可能。
紫も面倒ですがきのこ打っておけばとりあえず問題ないでしょう、以前は完全に無理ゲーでしたが今回はお互いに「ブン回られたら無理」という形になりました。
果たして良いのか悪いのか…個人的にはクソゲー候補筆頭のマッチングですねー。

今はそこまで蔓延してませんが、公式では果たしてどうか。
私としてはそこを潰すために雪t日を持ち出したい心境もあったりなかったり。


現状環境でよく見そうなのはこの辺でしょうか。やっぱ辛いもんは相変わらず辛い。
ちなみに、もし月単白蓮型を組んでみて「梅雨亭引けないと弱い」と感じる方がいらっしゃったならそれはおおよそ正しいと思います。
ただし、正確には弱いではなく「苦しい」です。工夫の余地は非常に多いデッキなので、色々考えて動けば殆どの場合接戦には持っていけるはずです。弱いと苦しいの何が違うんだと思われるかもしれませんが、そこはなんとなく察してやってください。苦しくてもたまに勝てる潜在値はあるデッキなんです。
実際問題、この前の東京公式で梅雨亭使えたのは7戦中2試合だけですし。

はてさて、次回公式が遠いのが悲しいところですねー。
前回の東京公式が「つまりどういう環境なんだ」という感じになってしまったので、割と困惑したままの人が多いんじゃないかなという印象。
次の公式がどういう色比率になるのかを早く見たいというのが偽らざる本音。
ひとまず、それまでに環境へそれなりに影響を与えられるよう頑張っておきたいところです。

それでは今回はこんなところで。
スポンサーサイト
プロフィール

だくねす佐倉

Author:だくねす佐倉
TCGは東方銀符律とかいうのをやってた人です。
CoJは難しいなぁ。今はJⅢ。
天子とか阿求とかすき。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。