スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新ルールに関してまとめ

お久しぶりです。
本当にお久しぶりです。

月一更新レベルになるのは不本意といえば不本意なんですが、最近の銀符で大会レポをする意義があまりないことなどで本当に何を伝えたものか分からないのです。
お陰様でいつの間にか1万アクセスも突破してましたし申し訳ない限り。
もっとラフでどうでもいい記事を載せる習慣でもつけられれば良かったのですが。まあ、意味のない反省はおいといて本題にまいりましょう。

今日は遅ればせながら一部情報が公開されたエクステンドルールについての話をしようかなと。

が、まず先にもっと情報の早いサイト様を紹介しておきますね。既に濃密な議論が行われて居ますので、そちらの方も是非御覧ください。

葵屋さん
http://blog.livedoor.jp/t_aoiya/archives/3782142.html
珍珍亭さん
http://blog.livedoor.jp/ginfuritsu/archives/3782436.html

ちなみに予め言っておきますが、汁鰤側がルールの一部をまだ伏せていた場合当記事は間違いだらけのほぼ意味のない文字列になることをご了承ください。


○エクステンドデッキに関して

では、エクステンドデッキについてから。
折角ですので原文コピペから入りましょう。

デッキの他に「エクステンドデッキ」を用意することができます。
・カードの枚数は5枚ちょうどです。
・同じ番号のカードはデッキと合わせて4枚までしか入れることができません。

※ゲーム中、エクステンドデッキは伏せて相手から見える場所に置いて下さい。
※エクステンドデッキのカードが場以外(ゴミ箱・手札・デッキなど)に置かれる場合、それらの場所に置かれることなく除外(ゲームから取り除かれる)されます。

「エクステンド」と表示されているカードは手札のカードと同じようにエクステンドデッキから使用できます。表示のないカードも様々な効果処理に利用されます。(「エクステンド」表示は基本能力ではありません)



用意することが出来ます、とは言ってはいますが事実上強制みたいなものだと思えばいいのでしょう。
同じ番号のカードはデッキと合わせて4枚まで…という記述ですが、これはふた通りの解釈が考えられます。

1.エクステンドカードを通常のデッキに入れることが出来る。
2.エクステンドと書かれていないカードをエクステンドデッキに入れることが出来る。


で、後半の記述から見て2番は確定と見ていいでしょう。
1番は…現時点では一応不明ですね。
ただ、後述のタッグカードで公開されているスカーレット姉妹がEX0になっていることから、「エクステンドカードを普通のデッキに入れるのを止めはしないよ」という態度なのかなぁという推測は立ちます。
色んな裁定を用意するのが面倒だから一律禁止…ってのはないと信じたいですね。


twitterでの公式回答により、1番も可能ということが確定しました。

エクステンドデッキの枠がかつかつで意地でもエクステンドカードを沢山使いたいということなら選択肢になるのかもしれません。EX次第では十二分にありかなと。

次に下の2行から読み取れることですが、「エクステンドと表示されたカードは、エクステンドデッキから手札と同じように使用を宣言出来る」と書けば少しわかりやすいでしょうか。
別のカードをプレイする時のコストに出来たりするのは流石にゲーム性が壊れすぎるので多分そういうことかなぁと。これも不確定な話ですが。

☆エクステンドデッキに「エクステンド」表示のないカードを入れた場合

特に何も書いてないので、基本はエクステンドデッキに眠ったまま使用は不可能でしょう。

あるとしたら、8.0のカードで「エクステンドデッキのカードを使用代償を支払って使用する」という能力を持ったキャラ、或いはイベントを間に挟むことで使用可能になるのだと思います。
それは十分にありえそうです。が、あるとするとそれは結構ワンショットの温床になる可能性が高いのであまり望ましいことではないと言えるでしょうね。コストが重ければ良いのかもしれませんが。
ちなみに、エクステンドデッキのカードは原文を読めば分かる通り「場以外に移動すると除外される」ので、「ハンドに入れる」だとか「横に置く」だとかそういう効果が絡んでくることはありません。使う以外の選択肢はないのです。

また、「表示のないカードも様々な効果処理に利用される」とあるので「エクステンドデッキのカードを破棄する」などのコストを持ったカードが出てくるのかなと思われます。
エクステンド表示のないエクステンドデッキのカードはそれが主な使い道になるんですかね。

ちなみに、現時点でエクステンドには「キャラ」と「イベント」があることがほぼ確定しているようです。「イベント」は本家の画像チラ見せからの判断ですが。
エクステンドイベントは「ハンドがあればほぼいつでも打てる」ということなので、迂闊なものは出さないで欲しいですね。お互い様ではありますが悲惨な事態になります。
少なくとも現存の強いイベントと同じレベルなんてことは…ちょっと…ね…?

○タッグキャラカードに関して

先程と同様にコピペから入りましょう。

複数のキャラが組み合わさった強力なカードです。
キャラと同じように場に登場しますが下記の制限があります。

・タッグキャラを登場する場合、宣言時に使用代償の支払いとして「タッグ処理」を行います。通常のコストの支払いは不要です。(下記の場合無×10)
・タッグキャラはタッグ欄に記載されたキャラ名全てと同姓同名です。


●タッグ処理
タッグキャラは登場宣言時に使用代償として「タッグ処理」を行います。

・タッグ構成キャラの横に使用代償が記載されている場合、その使用代償を支払います。
・タッグ構成キャラに含まれる場の味方キャラ1体を除外します。
・残りのタッグ構成キャラ全てを自分の手札または場の味方キャラから除外します。


タッグ処理に成功した場合、使用代償の支払いは成功です。キャラの使用代償(下記の場合無×10)を支払わずにキャラを登場します。

※除外するカードにタッグキャラを指定することはできません。



さて、「タッグ処理」についてはやはり強制的に必要になると見たほうが良いでしょうね。
通常のコストの支払いが省略できる、とかそういうものではなくタッグカードはコストの支払いが普通とは別のルールが用意されていると。
別にタッグ処理せずとも☆×10支払えば登場できる、というわけではないです。
じゃあレミフラのこの☆×10はなんなんだ紛らわしい、となりますが。基本飾りです。
ただ、ここにコストが書いていないと起こる不都合が一応存在するのです。
例えば、7.0環境ではすっかりおなじみになった7.0レティ「テーブルターニング」ですね。
左側のコスト欄に何も書いていないと、この姉妹はターニングに引っかかって寝ることになってしまいます。それだと流石にあんまりですよね色々と。
タッグキャラはその手の効果を受けない、という特例を設けるのも良いんでしょうが特例を作りすぎるとルールが煩雑になって気持ち悪いことになるのでそれは仕方ないのかなと。
今後のキャラテキストに「タッグキャラには効かない」といちいち書き続けるのもあまり効率がいいとはいえません。リセのコンバはそうだったらしいですが。
紛らわしいものの、私は特に違和感を覚えません。飾りとはいえ必要な表記と感じました。
汁鰤さんがどこまで冷静に考えてるのかは知りませんけどね。

では、「タッグ構成キャラの横に使用代償が記載されている場合、その使用代償を支払います」という部分がどういう意味かということですが。
これは例示画像の場合ならレミリアやフランの名前の右横にコストがある場合は表記されているということなのだと思います。
コストがない画像を例で公開してるから分かりにくいんですよね。

☆タッグキャラカードに藁人形は効くか

現状のルールだけ見れば普通に刺さります。
登場宣言してますからね。何も問題はないはずです。
エクステンドデッキからいつでも持って来られることを考えればそれくらいは甘んじて享受すべきじゃないかなぁと思いますね。じゃないとファッティ乱舞です。
幾らエクステンドだからと言ってそんな必勝カードを安定してプレイされても困りますので。


twitterでの公式回答により、藁人形は効くことが確定しました。

☆れみにゃ等の効果は適用されるのか

前述のルールからエクステンドカードを通常のデッキに組み込み、「れみにゃ」の特殊能力でスカーレット姉妹を登場させようとした時どうなるのか。
れみにゃの能力は「使用代償を支払わず登場する」で、タッグキャラは登場宣言時に使用代償として「タッグ処理」を行うと書かれています。
これだけ見るとタッグ処理も飛ばせる可能性が見えてきますが、感覚としてはタッグ処理は強制的に必要な気がしてしまうのでどうかなぁ、という感じでした。

で、この記事を書いている途中で公式からTwitterで回答がありました。
一応原文をそのまま貼り付けます。

>私の記憶では、効果によって登場する場合もタッグ処理は行われます。これは使用代償を支払わずとあっても同様です。正確には効果によって使用代償★10が免除され、さらにタッグ処理で使用代償が免除される手続きになる筈です。間違っていたらすみません続
>場にれみにゃ、手札にレミフラとフランの構図と仮定すると、れみにゃが除外されてからレミフラの登場タッグ処理になりますので、タッグ処理は成立しません。


…微妙に不安な言い回しですが。
結論から言うと、れみにゃでタッグ処理を省略することは不可能です。
まあ、この例の場合は諦めてれみにゃをレミィ扱いしてハンドのフラン投げてごく普通にタッグ処理をして登場させてくださいってことですね。

さっきから公式回答で記事書き直し過ぎで辛いですわ!

兎に角、
・タッグキャラカードのタッグ処理は強制。
・現存の使用代償軽減ではタッグ処理を省略できない。


これだけ覚えてればひとまず問題ないでしょうね。
反魂蝶や花映塚にしてもタッグ処理は必要、ということになります。


大体こんな感じでしょうか。
後はあれですかね。
エクステンドデッキは通常のデッキと別スリーブに入れることが既に公式から(twitterで)推奨されています。
まさか同じスリーブにしろなんて言われるわけもないので全く気にしていませんでしたが、不安に思っていた方もいらっしゃったようなので念のため。

ルールに関してはこんなものとして、後はどんな環境になるやらですね。
リセにないルールなので本当にここからは手探りです。
期待半分怖さ半分というところですが、8.0の発売を待ちたいと思います。

その直前の全国は…まあ、気楽に臨みますかね。
7.0はそれなりに勝ちつつ楽しめたのでプレッシャーはないです。

それでは今回はこんなところで。
スポンサーサイト
プロフィール

だくねす佐倉

Author:だくねす佐倉
TCGは東方銀符律とかいうのをやってた人です。
CoJは難しいなぁ。今はJⅢ。
天子とか阿求とかすき。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。