スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5.0新弾カード机上論(C、U編)

タイトルに困る。

5.0が発売ということで、ざっと見た感じで強そうなカードとかを思考整理がてらまとめておこうと思います。
Rは気が向けばまた今度まとめます。Rは大体強いってことで良いと思いますが。
環境に劇的な変化があるかどうかは微妙なところですが、幾つか強いカードは見えている感じ。

○パッと見強そうなカード

・雲居一輪&雲山

テキストが日本語になっているのか怪しいものの、とりあえず強そうではある。
バトルを中断するわけではないので、相打ち出来るキャラとバトルしたら一方勝ち出来るというのは大きいでしょう。ただし、配置が左寄りであることと単純なタップ等には無力。
単なるチャンパーとしての運用でも仕事はしてくれるでしょう。枠をうまく作れるかが問題。

・霊符「夢想封印」

遂に出ちゃったかー、という感じのカード。マスパも大概でしたがこちらもなかなか。
何でUCやねん、とか思わなくも無いですがレアリティがあてにならないのはいつものことでした。
圧倒的汎用性。このカードを警戒すると序中盤のバトルが非常に面倒になりますし、終盤での強さは言わずもがな。平然と「霊夢が立ってればおまけで2点つくよ」と書いてありますが、このバーンは危険この上ないですね。
ex1なので既存の花雪星等には投入が難しそうですが、中盤以降は引いたら全てとっておいてガンガン使っていける軽さがあるので捌け口の問題はそこまで深刻ではないのが悲惨。
このカードで花宙フランが煽りを食う可能性も。

・小悪魔

一回きりのワンハンド2点ドロソ。
というよりは、全配置2/2/2のワンハンドキャラと見たほうが分かりやすいですね。
小型に不足する宙には非常にありがたい存在だと思います。
陣営も強いですし、宙単紅魔館をまた組んでみたくなるカード。
特に陣営考えなくても積み込んで強いカードだと思いますが。

・因幡てゐ

何で登場コスト1コスなんだろう。
ハンド0なら無償でバトル中断、あっても1ハンドでチャンプし続けられるという非常に強力なカード。
宙だと更に価値が上がりますね。
中盤以降はハンド1枚捨ててでも打点を0に抑えられるなら万々歳ですので心強い。
日相手とかだと何処に配置したものか、そもそも出したものか迷いそうですけれども。

・蘇我屠自古

何故かNPに居ることで圧倒的存在感を放つ。
スペック、能力共に申し分なし。屠自古本人を何処に置くかが難しいのですが。
うまく刺さるかは相手の盤面構築に依存しますが、幻月等の低DPキャラを守れたり相手中央AFの突破力を下げられるのはかなり大きい。
しかし4点パンチャーとはいえ、先に出したいカードではないので登場したい場面まで取って置けるかが鍵になりそうですね。

・多々良小傘

基本的にDFにおいてチャンプブロックしていくのが普通でしょうか。
チャンプブロックで2点バーンというと日リグルの逆バージョンに見えますが、向こうは宣言型なのでやや勝手が違いますね。月アリスとも一応シナジーが取れます。
単純に、良質のペナルティ持ちが弱い理由はないでしょう。
ただ花宙フランの居なくなるだったり、マスパに巻き込まれた場合はバーン出来ませんので注意。

・幽谷響子

昔苗字を「かすがや」って読んでました。ごめんなさい。
正直何かをコメントする気になれないレベルの純粋な強さ。
霧雨を張られたら対面に置くと反逆できる。くるみ対面とかでもどうぞ。
花橙には動かれるので花橙メタになれる場面は少ないでしょうが、配置も強いので従来の日単には文句なしの採用となりそうです。

○可能性を感じるカード

・稗田阿求

圧倒的イラストアド。
言っている内容は、「中終盤に2~3回ワンハンドで夢想封印出来ます」ということなので非常に強い。
問題は、本人のスペックが低いことと他の雪DFがあまりにも強すぎて枠がないことです。
何はともあれまず雪はレティ、雛、キスメという3名が枠を奪っていくので、なかなか難しい所。

・アリス(旧作)

AP>DPとなっているアタッカーに対しては簡単に一方勝ちを狙えるカード。
少なくともこのアリスをバトルで突破するためにはサポートが必須になりますし、アリスの隣にSP2キャラが立とうものならほぼ完全封鎖です。硬いのなんの。
3ハンドキャラなのでハンドを回す余裕があるかという問題と、前述した通り雪のDFにはテンプレメンバーが席を譲る気が現状ほぼないので、デッキに入れるのが大変なのが難点。

・マエリベリー・ハーン

秘封デッキ専用構築が必要です。
ただしそれが出来れば安定したドローソースに。
条件付きワンハンド2点という数値は以前から変わらないので、条件を整えて遊んでみたいところ。
ただし雪のDFには以下略。
1.0メリーも強いのに名前が被っているというのが弱い部分ですね。
後、日蓮子とは見事にアンチシナジーなのが喧嘩売られてる印象。秘封倶楽部とはやはり悲愛なのか。

・紅美鈴

テキストがよく分からない。
公式からの補足待ちの部分はありますが、月にとりと組むとリスクなく2点バーンを続けられる様子。
月レミリアの能力を使用する時でも効果が起動できるのかどうか。
私はリセを知らないのでその辺りの細かいルールは分かりませんしあまり深く考察するのはやめておきましょう。ひとまず月にとりと組むだけでも十分嫌がらせですし。
スペックの不安も、APorDP+1という謎の追加テキストである程度補えるか。
条件付きの5点パンチャー、と考えると月霊夢や花魔理沙を思い出します。
回るとかなり強い部類のカードになりそうですね。

・宇佐見蓮子

相手ターン中にお互いワンハンドを捨てて、2点or1点バーン。
このキャラ単体だけだと迫力にかけますが、バーンキャラが大分増えてきているのでバーン主軸のデッキを作ってそこに混ぜるといい働きをしてくれるかもしれません。
メリーとは組めるんでしょうか。基本的にシナジー全く無いので怪しいところ。

・姫海棠はたて

1バトルに1回まで、という不思議制限。極端な話終盤で3列チャンプすれば6点バーンが出来ます。
月文とのシナジーは高めのカードですが…流石にそのペアだとAPが不安。
宙輝夜の亜種ですが、配置や色を考えると上位互換に近いか。

・射命丸文

遂にきた宙のアグレ持ち。…すくすく? ちょっとよく聞こえないです。
能力が、誰でもいいから一方落ちしてくれればボーナスアンタップというよく分からない文面。
面白そうですがこれは使ってみないと判断しづらいですねー。アグレとはいえ宙で3ハンドAP3というスペックをどうみるか。ボーナスが起動できる相手が果たしてどの程度居るのかも分からず。

・伊吹萃香

詐欺使えます。(重要)
EX2で、しかもAFにおいておけば3ハンドキャラ扱いできるので非常に強い。
DFにおいておけば鉄壁ですし。
問題は、配置がレティ側であるということ。除去を打たれないなら4ハンドキャラなことに変わりはありませんから、4ハンドキャラを2ターン1点で止められてしまうと殆ど勝てないゲームになってしまうのでそれがどうしても怖い。
除去耐性は強いですが、チャンプに対しても強いわけではないので勇儀とどちらが使い勝手がいいかと言われると勇儀に軍配が上がりそうには見えます。
まあ、そこは仮想敵次第ですかね。

・八雲藍

試してみないとどれくらい強いかいまいち想像できないキャラその2。
言っていることは凄まじく強いのですが、ジャンプ以外でキャラを戻されてしまうと損が大きいこと、本人のスペックはお世辞にも強いとは言えないので安定性には欠けるのが難しい。
刺されば相当嫌なカードになりますが、花ならリリー、雪なら除去、日はそもそも狙いたい相手が殆ど居ない、等の状況を考えると単体で活躍するのは難しそう。
日美鈴や日静葉と組むことで嫌がらせ度は倍増しますのでコンセプト構築をしたければ是非。
私はしません。

・大妖精

空なんて怖くない。以上。
面白いカードですが、移動が強制なのでなかなか扱いづらい。
花単等には不要かもしれませんね。うまく使えればなかなか嫌がらせに使えそう。
ちなみに、風雨とはシナジーが取れないようにわざわざ謎のテキストが付いていますね。


ひとまずそんなところで。
月と宙はDFが充実して分かりやすく強化されていますね。
雪が一番地味な印象。4.0での様子を考えるとそれで良いんですが。

夢想封印がどれくらい猛威を振るってくるのかが怖いですね。
花雪に枠を作るのは難しいはずなので、どうなるかまだ想像がつきませんけれども…
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

だくねす佐倉

Author:だくねす佐倉
TCGは東方銀符律とかいうのをやってた人です。
CoJは難しいなぁ。今はJⅢ。
天子とか阿求とかすき。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。