スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/28 秋葉アメニティ七曜杯

使用デッキ:花t雪(これ)

昨日の負けを見てから構築を少し変えてみて、今日は事故率を見るため調整へ。
参加者は7人。池袋に人が流れたためかやや少なめ。

調整内容は、以前書いたレシピから

妖夢3、大妖精3←out
藍1(追加)、雛1(追加)、アリス(もちもち)2、幽香2←in

ex1は大分遠慮していた状態なので、2枚増やしてみましたが…はてさて。

<早見>

日単 ○
雪月花 ○
宙月 ○

3-0

<詳細>

一回戦:日単

いきなり研究対象の日単が相手。
先攻を取られて、相手から見て右AFに橙が出てきて3点パンチ、左AFにメルラン。
中央DFに優曇華を置かれてエンド。
此方は左AF橙、右AFに藍。
昨日の反省がまるで生きていないのですが、ハンドに他のAFが居ない。
幸い、雛は引けていたので橙対面に雛は合わせてエンドしておきます。
相手は優曇華が前に出てパンチ、メルランもパンチ。橙対面に美鈴を出してメルラン起動。
ターン貰って、藍パンチから中央に霊夢。相変わらずキャラが弱くて辛い。
次ターン、優曇華とメルランパンチの後藍の対面に霊夢。強い。
アリスを引ければ嬉しいなぁとは思いながら、結局何も引けずに霊夢が殴るだけでエンド。
向こうが二人、此方は一人しか殴れていませんがメルランドローと橙分で打点は互角という酷い有様。
相手は優曇華パンチ、下がって霊夢が中央に飛んでパンチからメルランパンチでエンド。
此方は中央にリリーホワイトを出した後、霊夢と藍が殴ります。一応夢想封印を握ることは出来ましたが、半端に残るハンドのキスメが懸案事項。
次ターン、相手はメルランに蓬莱の薬。オーダーステップを宣言してきますが、これに対応でイベント夢想封印。相手は霊夢を藍対面に下げてそのままエンド。
次ターン、運良くキスメを引けたのでメルラン対面にキスメ。藍はそのまま殴り、霊夢もパンチ。
霊夢パンチに対して優曇華がキャッチ、バトル中能力で中央AFへ移動してきます。
以降のことを考えるとこれはまずかったんじゃないかなぁという感じ。
ターンを返すと、相手はメルランパンチ。これはキスメキャッチ、優曇華の能力が消えたのでそのままリリーホワイトもサポート。相手は霊夢、優曇華を共にサポートに回して落としてきますがこれもどうだったか。
ここで、厄神様の回復でトップに天子が置かれることに。本日一番の事故でしたが、これは仕方ない。
相手は中央DFにチルノを置き、エンド。
ターンを貰って、藍を通してエンド。
相手はメルランがパンチしてエンド。
此方は、少し悩んで橙パンチ。相手にハンドを貯められるのが怖かったのもあるし、藍能力を起動して行きたかったのもあるので美鈴を倒しに行きますが、相手は美鈴キャッチ、此方霊夢サポートから蓬莱の薬。仕方ないとはいえ苦しい盤面です。
結局、マスパを引かれていたらここの霊夢サポート対応マスタースパークでなかなか怪しかったでしょうが、そうなったらなったで藍ゲーがギリギリ間に合ったかどうか。一
応途中で打点差はひっくり返ったので難しかったですね。
相手はマスパはなかったようで、とりあえずここは諦めて上海を出してターンエンド。
が、この上海割と意味が分からない。美鈴にダッシュが付いていることを完全に失念していたようで。
そのまま夢想封印のコストに使っておくシーンでしたね。
結局、相手は次のターンMPPも八卦炉も引けなかったようで、詰め切れずにターンが此方に戻ってきたので、能力夢想封印で一発殴って終了。
ところどころ相手のミスに助けられている感じもありますが、やはりメルランから回されると単純に強いですね。メルラン起動から一発で霊夢が出てきて優曇華と霊夢を揃えられたのはかなり厳しかったです。

日単はそういうものなのかなぁ。

二回戦:雪月花

対戦前からワクワクな三色。今回の優曇華や4.0文を投入した構築だったようです。
相手が先攻で、相手から見て左AFに5.0優曇華でエンド。
此方は左AFに橙、中央に久々の天子でエンド。一応藁人形を抱える。
相手は賽銭箱から花文が登場宣言。優曇華パンチ、文サポートから中央DFにレティを優曇華能力から。
此方は橙パンチ、天子パンチにはノーザンウィナーから右AFに幽香。非常に強い布陣。
ターンを送って、優曇華パンチに鳴動持国天は対応きのこ。ハンドが苦しいのか、文が再びサポート。
月パチェが橙の対面に出てきますが、これには藁人形。雪月花のパチュリーは許しちゃマズイ。
ターンを貰って、橙と幽香が通った後天子の攻撃にはレティがチャンプ。
どうも妖を握っている様子ではありましたが、コストが合わない様子。
ターンを送って、優曇華パンチ、更に文サポート。こうなるとボロボロなのは仕方ないですね。
此方は、幽香パンチの後先に天子がパンチ。案の定妖が天子に来たので、橙が中央にサイドステップしてパンチした後左AFに椛を追加します。
次ターン橙を出されて、更に暫く後妖をもう一度打たれましたが序盤の打点差はどうにもならず押し切り。
序盤の盤面さえ完成させなければなんとか。
逆に完成させると一気に押し込まれるのが雪月花の怖いところです。

三回戦:宙月

いつも通りの決勝卓かと思いきや、花単でも雪フランでもない。
またも後攻。
相手は向こうから見て左AFに幽香でエンド。藁を抱えては居ましたが、宙だともっと面倒なAFは多いのでそのまま通します。
此方は左AFに橙、右AFに幽香でエンド。
相手は幽香パンチ、橙能力には対応きのこ。中央屠自古に対しては相手のハンドが2なのを見てから藁人形。相手は幽香対面に小悪魔を追加、能力起動でエンド。
此方は橙と幽香が殴ってそのままエンド。
相手は幽香パンチの後、幻月が逆サイドに登場でエンド。
此方はトップで天子を引き、少しどうしようか迷いましたが前のターンに椛とリリーを握れていたので、幻月対面に椛を出して幽香と橙がパンチ。小悪魔はチャンプブロック。
相手は流石にトップでメディスンを引けず、幽香が殴ってエンド。
此方は幽香と橙が殴った後、中央に天子を出してエンド。
相手は幽香パンチの後中央DFに宙永琳。幻月パンチにはやむなく通すことに。
何も引かなければ、天子は永琳と相打ちを取りに行く盤面かなぁという感じでしたが、トップで号外を引っ張ってくるご都合主義に素直に従ってサイドの二人がパンチの後天子と橙を対象に号外、パンチ。
次のターン幽香パンチはスルー、幻月パンチにはチャンプブロック。相手デッキが残り8枚で、此方の幽香の能力が残っていたのでDFキャラを2枚出さなければならず、小悪魔登場→能力からのチャンパー登場にかけましたが結局揃わずに投了。

ちなみに次のターンが回ってきた場合、トップドローが藍と守矢神社という狂いっぷりだったのでどちらにしろなんとかなったらしいとかそういう噂。
詰め用のカードが多くて困ることはないですね。序盤中盤が極端に弱くならなければの話ですが…

というわけで、初のこいしちゃんをゲット。
今日の3戦だけを見るならば幽香投入は一応AP不足改善にはなってそうな感じですが。
ひとまずex事故は起こさなかったので、もう少しこのまま試してみましょう。
諏訪子、霊夢、幽香、夢想封印等、終盤は2コスが必須なのでやっぱりちょっと怖いですが…
5~6戦なら事故らずに終えられるんじゃないかなぁという印象。
幽香が入った枠は元は妖夢だった場所なので、今日の試合で幽香の代わりが妖夢だったとしたら確実に弱かったのは間違いないのでそれは成功かもしれません。
アリスに関しては、一度引いたもののそのまま夢想封印のコスト行きとなったので登場せず。
おそらく大妖精よりは安定した活躍をしてくれると思いたいところですが…どうなるやら。

2月は予定が合えば浦和の方にも一回くらい行きたいですねー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

だくねす佐倉

Author:だくねす佐倉
TCGは東方銀符律とかいうのをやってた人です。
CoJは難しいなぁ。今はJⅢ。
天子とか阿求とかすき。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。