スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/10 横浜フルコンプ全集杯

使用デッキ:花t雪(いつもの)

とある方から花さとりを使ってみろという命令を受けたので、それを受けてちょっとレシピを弄ったり。
さとりを混ぜて、それに伴い大妖精を復活。ついでになんとなく2色大妖精をピン積みしておく。

参加者は12名。大体いつもの面子。

いちいち書くのが結構面倒なので、今後左右の表記に関してはターン進行プレイヤー側から見てのものに統一します。

<早見>

月花 ○
花t雪 ○
月t日 ○

3-0

<詳細>

一回戦:月花

此方先攻。
よく決勝卓で見かける光景。一回戦からシビアにも程がある。
ハンドのAFがしょっぱいものしか居なかったので、検証も兼ねて早速左AFさとりエンド。
返しが、左AF月早苗。イベントグレイソーマタージを宣言されてドローから、月早苗能力で右AFに月紫。
聞けば、私の例の記事を読んで組んできたとのことで。
いや、良いんですけどそれを初手で揃えないでください。本当に。
外の世界まで言われてエンド。
ターンを貰って、中央DFにリリーホワイト。さとりを右AFに移動して、中央AFに天子。
さとりパンチから天子サポートで5点入れてエンド。
相手ターン、8点パンチを貰う。更にイベントグレイソーマタージから、中央AFに橙が出てエンドされる。
こちら、さとり後ろにレティ。パンチからレティサポート、天子も殴る。
左DFにアリスを置いてドローを選択してエンド。
相手はイベントグレイソーマタージから、早苗と橙がパンチ。3回言われるとは流石に思わなんだ。
多少迷った挙句にパンチはスルー。紫後ろに月にとりを出されて殴られ、これもひとまず通す。
中央DFに月雛を出してエンド。
此方はさとりパンチ、レティサポート。天子パンチには雛がキャッチだったかな?
雛能力に対してはアリスを寝かせる。雛がそのまま一方ダウン。
次ターン、相手の攻撃はほぼフルで通して中央DFに雛がおかわり。

その後の大雑把な展開。
紫の正面のアリスがチャンプ、早苗にノーザン。
後、橙は雛能力の都合上スルーし続ける。
さとりのバーンが通り続けるには通り続け、最終ターン前はさとり対面にリリーが居たのですがさとりの攻撃をスルーされたので天子がサポート。
紫対面に2色大妖精を置いて、次ターンの詰め切りを回避。
最終的な相手のDFが右から月にとり、月雛、リリー。
此方のハンドが5枚で、相手デッキが9枚。さとりパンチに対して相手がキャッチだったので、サポートでバーンをしてから天子がパンチで雛を落として守矢神社で詰め。
相手が此処でスルーした場合は、此方のリリーがエスケープから諏訪子でミシャグジ…という予定だったのですが、トップドローで天子を引かされたお陰で後者の詰めが不可能でした。
結果的に相手のプレミだったのですが、なんとも苦しい勝負でした。
ハンドをかなり稼がれたものの、此方も無理矢理10点を通せていたので勝負になった感じです。

紫、早苗、橙のフルパンチが10点、此方の天子とさとりが通ると10点(橙能力で2点ディスアド)というレースで、相手がイベントグレイソーマタージを3回言っていることを考えれば途中まで互角のレースしてたってことになるんですかね。
途中相手のにとり能力で守矢神社を引っこ抜いたので、そのおかげで先行逃げ切りを回避できたとかなんとか。…詰めイベントを抱える色はにとりが怖いですね、本当。

二回戦:花t雪

先攻。
一応ミラーですが、向こうの構成は花早苗、グレイソーマタージ、1.0メリー等が積まれているので大分雰囲気は違う感じ。
左AFに橙、中央AFに天子。天子には藁人形をされてエンド。
返しは右AF早苗、能力グレイソーマタージを宣言してきますが夢想封印がめくれ、これは無理だったようでそのまま下に送りハンドから左AFに椛エンド。
此方は返し、トップで再び天子を引いてしまったのでそのまま降臨。今度こそ通って、橙パンチエンド。
早苗と椛は通して、能力グレイソーマタージからアリスが橙対面に登場、ドロー選択。
ターンを貰って、中央DFリリーホワイトで天子を右AFへ移動してワンドロー。
ここで、トップが2色妖精で期待もしていなかった藁人形のコストが揃ってしまう。
橙と天子がパンチしてエンド。流石に打点差が悲惨なことに。
諏訪子を出すか出さないか迷ったらしいですが、結局相手は能力グレイソーマタージから中央DFレティ、中央AFに上海。
椛と早苗はスルーしてエンド。
ターンを貰って、橙パンチにはレティキャッチ。何もせずに解決、天子が5点。
右DFに2色大妖精を出してエンド。
上海と早苗はスルー、椛のパンチには大妖精がキャッチ。リリーサポートには対応ノーザンウィナーを打たれ、大妖精がダウン。
次ターン、右DFにレティ。橙は相変わらず攻撃宣言をするだけ、天子の5点が通る。
ハンドに夢想封印と守矢神社が揃った辺りでほぼ決着。
流石に此方の引きが強すぎた印象です。

三回戦:月t日

此方後攻スタート。
相手は右AFに月ナズーリン、中央AFに村紗。
ターンを貰って、左DFにさとり、左AFに上海でエンド。
相手は村紗パンチから上海対面に依姫を出してエンド。
此方、中央DFにリリーホワイトでさとりを右AFに。中央AFに天子を出してさとりパンチからサポート。
ひとまずはそのままエンド。
正直、リリーは右DFに出したかったのですがティータイムが怖くて仕方がない。
ナズ、村紗のパンチは通って日橙が左AFに。これもスルー。
次ターン、右DFにレティを出してさとりのサポートへ。…一回戦と右半分全く同じ盤面ですね。
正直この盤面は全く強いとは思わないし、アンチシナジー甚だしいとは思うのですが…どうにも他に出せるAFを引けないのでどうにもならず。
天子も殴って、デッキボーナスは消されるので合計9点を返してエンド。
橙にはノーザン、村紗とナズはスルーしてエンド。

この後、ちょっと計算が合わないので記憶が怪しいです。ごめんなさい。
リリーをチャンプブロックした後、リリーを左DFに出して上海を村紗対面へ移動、さとりは再び無理矢理サポートで点数を通す。
蓮子を中央DFに出され、依姫はにとりと入れ替わり。さとり対面にはメルランが置かれてドローが入った感じ。

最後に、こちらのさとりパンチに対して対応で(メルラン3ドローから)空き巣が飛んできて、仕方なくこのターンの詰めを諦めて蓮子を落としておき、次ターン雛能力で此方の村紗対面に出ていた花雛が寝かされ、村紗パンチに対しては対応で守矢神社。チャンプでダウンして此方の残りデッキが4枚。ハンド0。
相手のデッキが7枚となり、トップ2ドローで夢想封印が引ければ勝ちのシーン。
結局2分の1の確率に勝って、夢想封印打っての勝利でしたが途中にとりの当たり外れも含め相当際どい勝負でした。向こうのメルランからのドローで空き巣を打たれたのが正直つらかったので、トップドローに関してはある程度お互い様の部分はありましたが。


というわけで、ところどころ怪しい動きをしつつ久々の優勝。
さとりに関しては…もう少しマシな使い方が出来てから考えます。
負けるなら簡単に諦めれば良いのですが、結局さとりが出た試合で勝ってしまっているので如何とも評価しがたいところです。強いとはあまり思わないのですけれどもね。
ただ、無理矢理高い打点を通せる事自体は評価できるので、特に序盤に打点レースを無理矢理維持したい場合には悪くないのかなぁという感じです。
此方の守りが薄くなるものの、さとりの5点パンチも暫く止まりませんからね。
ある程度お互い様な部分はあるので、難しい所。
とりあえず、5.0大妖精か橙がサポート要員になってくれるのが一番理想なんですが…むむむ。

金、土、日と連戦でレポを書く記憶と気力が持ちそうにないのですがなんとか頑張ります。
まあ使うデッキは全部花t雪なんですけれども。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

だくねす佐倉

Author:だくねす佐倉
TCGは東方銀符律とかいうのをやってた人です。
CoJは難しいなぁ。今はJⅢ。
天子とか阿求とかすき。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。