スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/11 秋葉原アメニティ七曜杯

使用デッキ:花t雪

参加者15名位。

<早見>

花雪星 ○
花宙 ×
雪月日 ○
宙月 ○

3-1

<詳細>

一回戦:花雪星

後攻スタート。
初戦から先週の秋葉イエサブ覇者との対戦です。
左AFに雪お燐、中央AFに橙でエンド。
ターンを貰って、此方は中央AFに天子、左AFに橙でエンド。
相手はパンチから、右AFに魔理沙を追加、レヴァリエ。
此方はパンチから、右AFに幽香を追加。もの凄い殴り合いの構図に。先攻ゲーの予感!
フルパンチを貰って、結局キャラ追加は来ないままエンド。
此方はフルパンチの後、お燐対面にアリス。ドローを選択、ハンドにキスメ2枚と夢想封印が揃う。
相手は中央DFに静葉を追加してから魔理沙パンチ、スルー。
お燐パンチにはアリスがキャッチして橙がサポート。アリス一方ダウン。

状況だけ見るとアリスを登場したことによって差し引きで2点しか稼げて居ないのですが、(お燐と橙スルーの場合橙能力で実質3点ダメージ。アリス登場ワンドローを1点ダメージ換算とすると、実戦とは2点しか変わっていないことになる)それでも少し減速出来ればひっくり返せるゲームなんでしょうかね。
DP3はやっぱり優秀です。

相手は魔理沙の後ろに藍を追加、天子を魔理沙対面DFに下げてきます。
ターンを貰って、幽香パンチ。橙はサイドステップからパンチ、これには静葉がキャッチ。
ここで相手は何故か藍がサポート。天子に居座られると魔理沙が通らないからジャンプを誘発したかったとのことですが、別に何もなくても天子は飛ぶ気でしたし次のターンもう一回狐狗狸さんと契約すればいいだけのことなのでいまいちよくわかりませんでした。
で、天子は左AFに飛んでパンチ。
ターンを返して、相手のお燐はスルー。魔理沙パンチには夢想封印。橙パンチには眠れる恐怖。
相手はハンド2で何も出来ず、狐狗狸さんを言うと天子が通るので何もせずエンド。
此方は天子後ろにキスメを置いてフルパンチ、削りきって勝ち。
橙、天子、幽香と揃うとやはり打点レースで遅れをとることはそうそうないですね。
揃えばですが。

二回戦:花宙

後攻スタート。
vs主催戦。この方に勝てた記憶がない。
相手は右AF橙エンド。
此方は左AF橙、右AF椛で返す。天子はハンドにあったのですが、天子を出すのに椛を切らないといけないハンドで、除去が飛んできた場合後続が続かないのを嫌がった安定展開でしたが…
返し、椛対面に宙さとり。のびーるアームからハンド確認された上で中央AFフラン。

この時点でほぼ詰みです。
返し、ドローはそれなりに強く左DFにリリーホワイトから中央AFに天子、中央DFレティと展開したのですが、次ターン案の定のびーるアームから中央DFにリリーホワイト。
ここで対応ノーザンウィナーを言うか相当迷ったのですが…ひとまず、言うしかなかったかもしれません。
対応で盤面リセットされたとしても、相手は2ハンドからリリーホワイトを出してハンド1でエンドした計算になるので、此方のハンドが夢想封印1枚という状態だったとしても状況自体はほぼ五分なんですよね。
何かその時の私は計算を勘違いしたようで、盤面にリリーが残されるならディスアドと判断したらしく結局これをスルー。フランに左AFへ動かれ殴られる。

この後は、ほぼ打点レースに出遅れたままボーナスを積み上げられ殆ど何も出来ずにデッキ差10点近くを付けられて負け。
途中、唯一チャンスがあったのは此方のデッキが10枚ちょっとで相手のデッキが22枚のシーン。
椛パンチでさとりにキャッチされてから、天子が動いて橙パンチ、守矢神社2回でジャスト22点詰めということが理屈の上では可能でした。
残念ながらハンドに守矢神社は1枚しか来なかったのでそれが出来ず。

のびーるアームの恐ろしさがよく分かったのと、橙と椛でエンド宣言をするのが「安定展開」とは全く言えないことを思い知らされました。
居なくなる牽制のための夢想封印も先にのびーるアームを言われれば何もできないし、小型ではフランの打点に追いつけない。
相手の色が見えない状態でのじゃんけんに負けるべくして負けた…という印象はありますが(一番刺さる展開を綺麗にされたわけですし)もうちょっとなんとかならなかったのかなぁとは思います。
天子を出して藁人形を打たれたらそれはそれで良い状況ではないので、なんとも困るところ。
初手のプレイングが環境ごった煮のせいで難しくなりましたねー。

三戦目:雪月日

後攻スタート。
そろそろじゃんけん勝てないんですかね。
相手は中央AFに4.0橙でパンチ、左AFに4.0小町でエンド。
此方は左AF橙、中央AF天子のいつもの展開。
相手は二人がパンチして、事故ったようでキャラが追加されずにエンド。
此方は二人パンチして右AF幽香追加。また揃うとは。
相手はパンチから中央DFに4.0にとり追加。更にチルノを追加してパンチしてきてエンド。
此方は全員パンチ。天子の攻撃にはにとりがチャンプブロック。
中央DFにリリーホワイト、右DFにレティを出して2列止める体制へ。
相手はチルノがパンチした後、天子に西行妖。4ハンドで打たれたので相当事故ったらしい。
トップ2ドローで天子を引いてしまったのでおかわり。橙と幽香パンチ。
相手はチルノが殴ってから小町が下がるが打点も盤面も差がつきすぎているのでどうにもならず。
中央DFにチャンパーが出ましたが…何だったかな。ちょっと思い出せません。
で、ノーザンで小町を寝かせて橙と幽香が殴ってこの時点で点数が足りたため、ハンドの夢想封印と守矢神社は使わないままゲーム終了。
流石に回らない3色に対して最強盤面が完成してしまうとレースになりませんでした。

四回戦:宙月

後攻スタートしか許されない。この前も最終戦で当たった方ですねー。
相手は左AFに宙橙で3点バーンからスタート。右AFエリーでエンドだったかな?
この方と翌日も同じ色で対戦しているのでちょっと記憶がごっちゃです、ごめんなさい。
エリー対面に5.0大妖精。左AFに上海、右AFに椛でエンド。ややハンドがしょっぱい。
相手は橙パンチから中央AFに宙美鈴、エリーパンチはスルー。椛対面に月雲山。ですよねー。
椛が居るからきのこは恐れずに、上海パンチから大妖精が中央AFに出てパンチ。
右DFにリリーホワイト、左DFに雛と細かく展開してエンド。
相手の美鈴パンチには対応で大妖精能力からキャッチ、リリーホワイトサポート。橙攻撃はスルー。
エンド貰って、先程と同じ動きを繰り返す。
相手は美鈴攻撃、対応で瞬間移動、キャッチ。リリーサポートに何もなしで橙をスルー。
エリーパンチには雛キャッチで厄神様。殺人ドールを使われて一方ダウン。
この厄神様でトップに天子が来たので、ほぼ考える余地なし。
此方、上海がパンチしてから左DFにアリス。ドローを選択。中央AFに天子。待たせたな!
エリーパンチはスルーして、美鈴パンチにはキャッチ。アリスがサポート。
相手は中央DFに幽香。前回に引き続き、中央DFにでかいのが出るのはテンプレらしい。
ひとまずはレースに負けていないので(初手の橙ダメージ含めほぼ互角)上海だけ殴ってエンド。
次ターンエリーパンチはスルーでエンド。
此方椛パンチ、雲山キャッチに椛能力宣言には空き巣。椛が一方ダウンで、空いた場所に橙登場。
これでレースが一点有利か。
次の相手のエリーのパンチはスルー。此方も上海パンチでスルー。
その次のエリーパンチにはアリスがキャッチ。美鈴サポートには何も無しでダウン。
上海対面に小悪魔が出る。エンド前に大妖精が上海の後ろへ。
ターンを貰って、上海パンチ。小悪魔キャッチから能力。この終盤で2点ダメージはどうだったか。
幽香能力で上海のAPが下げられたので、大妖精がサポート。
相打ちから大妖精が能力で前へ行きパンチ。中央DFに諏訪子登場。
ミシャグジで幽香を寝かせて天子6点が通る。
相手のエリーパンチには対応橙からスルー。
ここで、ミシャグジの対応手段を引けなかったので相手が投了。
やっぱり諏訪子は居ると心強いですね。
空き巣とか飛んでくるにしても、霊夢や藍と物量で攻めればなんとかゲームが出来そう。


3勝1敗。花宙への負けはなかなか勉強になりますね。
初手の展開を色々考えさせられます。

結局、ある程度はどんな展開をしても返しに最悪の展開をされる可能性はあるのでそこら辺は妥協しながら「安定」を考えていくことになるんでしょうかねー。

翌日の浦和もそんな感じでしたし。むむむ。
とまあ今回はそんなところで。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

だくねす佐倉

Author:だくねす佐倉
TCGは東方銀符律とかいうのをやってた人です。
CoJは難しいなぁ。今はJⅢ。
天子とか阿求とかすき。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。