スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/26 東京公式大会

【速報】4勝2敗【予定】

※2回同じネタを繰り返す辺りはまるで成長していない


2勝2敗でドロップしてきましたー。
レポに関しては後々。好きな色を使えば良い環境だということがよく分かったので、少し昔を振り返りながら好きなデッキを組み直してみようと思っています。

というわけでレポート。
使用デッキは結局花t雪です。前日の調整で月t日が見事にボロボロだったので。

<早見>

雪t日 ×
月t各種橙 ○
雪t日 ○
花星 ×

<詳細>

一回戦:雪t日

後攻。
某第二回全国覇者との一回戦。なんだそれは。
相手は咲夜エンド。こちらはハンドが弱く、ドローに期待しますが…
天子、霊夢、レティ、藁人形、藁人形、号外配布、守矢神社という酷いハンド。
トップ2ドローが幽香、幽香。
雪相手にこれは正直どうにもなりませんね。
幽香を出してエンドするものの、返しに除去されメルラン追加エンド。
後は殆ど何も出来ずワンサイドゲームでした。無理な時は無理。

二回戦:月t各種橙

こちら先攻。
月幽々子主軸の月単に、藍様と3.0橙、4.0橙、5.0橙をそれぞれ数枚混ぜた形でした。
あまり初手が強くなかったので右AFに椛でエンド。
返しのパチュリーには藁人形。椛対面へにとりを出されてエンド。
中央にもDFにもキャラが置けないという残念なハンドだったので、椛は殴れず左AF幽香追加でエンド。
相手、事故が激しかったのか中央DFにパチュリー追加でエンド。
幽香パンチから、椛後ろにリリーホワイトを追加してパンチ、スルー。中央AFに橙も追加でエンド。
ターンを送って、パチュリーから藍様が左AFに。やる気から藍様能力で宙橙。幽香対面DFに下がり、にとり能力から拾ってきた霊夢を右AFに追加してきてエンド。
こちら、幽香後ろに雛登場からパンチ。橙キャッチに厄神様で一方。
椛と橙が通り、ターンを返す。
霊夢と藍は橙能力を言ってスルー。幽々子が中央に出てきましたが、最初の打点差が流石に大きくそのまま殴り合いでこちらが10枚ほどリードのまま最後まで行きました。
幽々子のおかげで意外と詰め切れなかったのですが、相手のデッキが1枚でこちらが13枚程になったところで相手の詰め手段がなく終了。

三回戦:雪t日

先攻。
某仙台覇者との再戦。マッチングが修羅過ぎて辛い。
初手に藁人形が3枚という相変わらずの酷いハンドで、左AF橙エンド。
返しに右AFチルノ、左AFメルラン。相手も日コストばかりの辛いハンドだった様子。
チルノはスルーしてターンを貰い、パンチからメルラン対面にレティ、中央DFに大妖精でエンド。
メルラン後ろに響子追加、中央DFに玄爺追加から中央AFにジャンプとされ斬新な動き。
レティが腐ったのがなかなか苦しく、仕方なくメルランとチルノをスルー。
ターンを貰って、橙がパンチ、瞬間移動で中央AFへ行った大妖精がパンチ。
右AFに上海を追加してエンド。
チルノパンチはスルーから、メルランパンチには対応瞬間移動で大妖精が中央DF。
キャッチから、響子サポートにはノーザンウィナーでバーンも貰う。
更に、こちらの左DF(空き場所)にダイヤモンドダストを張って来ます。
相手は玄爺が中央DFへ下がり、魔理沙を追加。これには藁人形。
ターンを貰って、橙パンチと上海パンチから、中央AFに天子。これも藁人形。
大妖精の追加パンチを忘れてターンを返します。
メルランパンチにはレティキャッチから、響子サポートでそのまま一方ダウン。チルノはスルー。
ターンを貰って、橙パンチ、瞬間移動で大妖精が前に出てパンチ。これもスルー。
ターンをおくって、チルノとメルランスルー。エンド。
こちら、キスメを上海の後ろに登場。再び藁人形。
上海パンチをスルーされたので橙もパンチしてエンド。
相手はチルノパンチ。これをスルーして、メルランパンチには大妖精が移動してきてキャッチ、ダウン。
ここで響子の能力の処理と大妖精の兼ね合いを勘違いしていて、大妖精が右DFに移動したことで2点バーンが入るらしかったのですがお互いにこれをスルー。後で気付いて話していましたが、どちらにしろ任意処理のタイミングを過ぎていたのであんまり関係なかったかも。
玄爺パンチから、玄爺能力で響子にジャンプ台装備。響子がジャンプしてパンチには夢想封印。
相手が詰め切れず投了。

お互いに比率の薄い方の色を引きまくったせいで意味のわからない盤面、展開になってました。
こんなこともある…のかなー?

4回戦:花星

向こう先攻で、右AF魔理沙、中央AF天子エンド。
雪絡みでハンド2枚残しの展開はないだろうということでこちらもブッパ展開。
魔理沙対面DFに椛、左AF橙、中央AF天子でエンド。
相手は中央DFリリーホワイトで魔理沙が逆へ飛んでパンチ。天子パンチ、エンド。
こちらはレティ引きを待っているのですがまるで引けず、リリーホワイト右DFから椛が右AFへ飛んで全員パンチ。これが通ってエンド。
相手は魔理沙と天子パンチ、レヴァリエから左DFにリグルでエンド。
こちら、橙パンチから天子パンチ。これにはリリーがチャンプ。
既に相手の中型AFが出揃っている盤面で藁2枚という邪魔コストを引かされて悶絶中。
そのままターンを返し、魔理沙と天子の攻撃をスルー。天子対面にルーミア。
こちら、橙パンチから椛パンチ。両方スルーされたので、エクスペリーズカナンからリリーホワイトを中央DFへ移動、橙と天子に号外配布から天子パンチでエンド。
相手は右DFにリリーホワイト。これに藁人形を打ち、魔理沙スルーの後天子攻撃をチャンプ。
相手は右DFに霖之助でエンド。
こちら、天子パンチには霖之助がキャッチから能力。ここで、40枚近いゴミ箱からわざわざ私が夢想封印を引き当ててしまいます。
橙を椛能力で天子対面に落としてエンドしますが、相手は更にトップドローで橙を引いてきます。
魔理沙スルー、相手は橙に夢想封印から天子パンチ。これにはこちらも夢想封印を返しますが橙を追加され、こちらのデッキが3枚となりターンを貰って2ドローで1枚。
橙が居るおかげで攻撃を通せずに投了でした。

先攻ゲーとはいえ、霖之助能力の逆スナイプがあまりにも悔やまれるところ。
この日はそういう運だったんだと諦めるしかないですかね。

というわけで、負けた試合はどちらもプレミや実力というよりは何か異次元からのベクトルに押し切られた感じでした。ここ最近はなんだかこういうパターンが多いですねー。

バトラで使った月t日は4勝1敗でそこそこの回り。
花紫強すぎワロターとか言いながら必死で依姫ループをしていました。きっつい。

壇上に5色が全て揃ったのはなかなか壮観ですねー。
ある程度、相性を諦めながら自分の使いたいカードを基軸にデッキを作っていける環境になったということなんだと思うので、3月4月は予選もありますしちまちま新しいデッキを考えながら頑張りたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

だくねす佐倉

Author:だくねす佐倉
TCGは東方銀符律とかいうのをやってた人です。
CoJは難しいなぁ。今はJⅢ。
天子とか阿求とかすき。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。