スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5.0 月t日バーン

デッキ名を考えるのがそろそろ面倒系男子

☆いつもの色分けテンプレ
青=AF想定キャラ
緑=DF想定キャラ
紫=システム

月 52枚

EX1

4.0永琳2
八雲紫2


EX2

紅美鈴4
5.0宇佐見蓮子4
5.0姫海棠はたて3
村沙水蜜3
ナズーリン3

パチュリー・ノーレッジ4
河城にとり4
綿月依姫4
鍵山雛3
雲居一輪&雲山3
アリス・マーガトロイド2

空き巣4
きのこ4
幻想郷縁起3


日 6枚

EX2

メルラン・プリズムリバー4
4.0橙2


日月 2枚

EX2

サニーミルク2


キャラ45枚、イベント8枚、アイテム3枚

○カード選択に関しての雑感

バーン特化。受け主体。
永琳、紫は引きが強い時は出す必要のないカードで、コンボパーツを拾ってくるための補助要員。
にとりや依姫を引いてくるまではただ耐えて、後はサーチから盤面を作っていくのが基本の動き。
幻想郷縁起は日メタ、宙メタ。日相手には空や魔理沙に問答無用で張っていき、宙相手は剣が怖い相手に対して先張りしていく動き。相性を見ないなら入れなくても良いかも。

霊夢が入っていない理由は、私が回していて強いと思った場面が殆どなかったからです。
メルラン込みでハンドブッパが通った時は勿論強力なのですが、蓮子の下位互換という印象が非常に強い。また、霊夢の攻撃が通るならば打点レースはかなり優位に立てますがこれはそうそう通らない。
霊夢の攻撃が通るような状態ならば、相手が事故っている状態なので霊夢じゃなくても良いかなと。
除去が来るなり、単純に固めて止められるなりされると自滅できない分バニラキャラになりやすい、というのが私の感想でした。それでも弱いカードではないので、枠があれば入れてあげたいのですが。

ナズーリンはコンセプトとは直接関係ないところですが、花宙フランへの若干の耐性と序盤の展開の円滑化を目指しての採用です。序盤に打点をつなぐのが苦しいデッキなので、2ハンド3/1で序盤は止められにくいという性能は単純にありがたい。試しに積んでみたら登場頻度が高いので続投しています。

パチュリーはコストフィルターとして、またハンド管理に非常に便利なため。
DFから展開することも珍しくないデッキですし、メルランとの兼ね合いがあるので居ると便利。
序盤は大体減速を目指すのが基本の動きなのでね。

○デッキの特徴

ひたすら地道に減速しながら盤面を作り、お互いに打点があまり通らなくなってからはバーンを重ねて行く構築。メルランや蓮子が開幕で揃うのならば、勢いでハンドブッパしていくのも可。
公認大会で周りの人達と遊ぶ中で構築を見せてもらったりしつつ作っていったものなので、オリジナルの要素は非常に少なく私が紹介して良いものかは迷ったのですが…。
結局、2月の東京公式大会で月t日のレシピが公式に紹介されなかったので公開してしまうことに。
レシピを見るかぎりだといまいち強さが見えない構築ですが、比較的安定していますし丁寧に回せば盤面は完成することが多いです。
回し方がやや特殊なので慣れと適正が必要かも。

○長所、短所

序盤の打点レースは基本常に劣勢になるため、忍耐が必要。
巻き返しのタイミングや、チャンプブロックの判断が他のデッキに比べてシビア。
減速傾向のデッキに対しては強いのですが、大型に対しては殆ど為す術がないのが弱点。
配置によっては雲山が仕事しますけれども。

○デッキ相性


盤面を作っていく構築なので、花に対しては相性良し。にとりや依姫を起点に回していくので、単発除去では対処するのが厳しいため雪にも強い。
減速傾向のデッキには凡そ有利が付けられますが、逆に攻撃を容易に止められない日単や宙単は相手にするのが厳しいかも。
日単にはこちらもきのこや空き巣がある都合引き次第で良い勝負が展開できますが、宙単の緋想の剣に対しては殆ど何もできないのが辛いか。

・雪t日 有利

空き巣かきのこを一発残して、後はのんびり展開するだけでそうそう負けないはず。
フランには雲山を合わせて、レティは甘んじて受けるとしてもその後を間違えなければ。
ただ、メルランから妖打たれたり空き巣を全部落とされた挙句咲夜とフランが並んで…とかそんな状況になったら流石にひっくり返されます。まあ、そういう時はこのデッキじゃなくても同じ事です。

・月単等、月ミラー

にとりにきのこを刺すゲーム。
お互いの動きを妨害し続ける不毛なゲームになります。
妨害を食らわない依姫や雛の仕事がキーとなりそうです。
にとりや蓮子が片方だけ生き残ったら、残った方の勝ちになるかと。

・花雪星 互角以上

花にも有利、雪にも有利というのが基本的な相性なので簡単には負けないはず。
ただ、メリーの回復がブン回ったり、都合よく妖や号外を引かれ続けると減速が間に合わない可能性も。
丁寧に立ち回れば基本は有利なはずです。

・花宙 不利

花宙フランというカードが単純に辛い。
早い段階でハンデス体制が作れてようやく互角というところ。
フランの出てくるタイミングが遅ければリセットのタイミングも難しくなってくるので、

・宙単 不利

減速しようとしたら剣張られてゲーム終了、とか。大型を連続して展開されるとどうにも出来なかったり。
早い段階でメルラン、蓮子が揃って展開を終えたり剣を引かれなければ勝ちを狙えますが、盤面を完成し切る前に押し切られるパターンが多いですかねー。

・日単 互角? お互いに嫌

日からすれば、きのこが嫌で展開できるカードが限られる。
月からすれば、マスパが怖くて仕方ない。
展開次第ではマスパを食らわずに切り抜けることも十分可能なので絶対に不利とは言いがたいところですが、あまり戦いたい相手ではないのも事実。
マスパも怖いですが、響子の方が刺さりやすいですね。


今回はそんなところで。
環境を色々考えた挙句、私のメインデッキは花t雪に戻りそうですが宙絡みを確実に狩れるデッキが少ないのが悩ましいところですねー。むむむ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

だくねす佐倉

Author:だくねす佐倉
TCGは東方銀符律とかいうのをやってた人です。
CoJは難しいなぁ。今はJⅢ。
天子とか阿求とかすき。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。