スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/13 第27回東京公式大会

※いつもの注意書き:左右の表記はターン進行プレイヤー視点です

使用デッキ:Grate Escapers (大体いつもの月単)

色々と微調整して、以前の月単に梅雨とてゐを無理矢理突っ込んだ代物。
梅雨の上でてゐがエスケープするとハンドが実質1枚増える、というコンボですね。
カードテキストを見比べてみてください。

正直色んな枠が消え失せてるので不安な部分は残っているのですが、綺麗にまとまりはしたかなと思います。梅雨もてゐも単体で強かったですしね。
環境読みは多少未来視気味にやってみたんですが、蓋を開けてみたら予想以上にコントロールやギミックデッキが多く残っててびっくり。そう未来の話ではなかった様子。

結果にせよ結果以外にせよ、面白いことが沢山あった大会でした。
花単で壇上に残ったのが一人だけと、環境の転機が来ているのかなぁとも。
それでも花は以前として環境トップの一角だと思いますけどね。

そんなわけで大会結果。

<早見>

花単 ○
雪月 ○
雪月t花 ○
花単 ○
雪月花 ○
雪t日 ○
花雪 △

6勝1分 オポーネント差で優勝

<詳細>

一回戦:花単

先攻。
右AFにしらさわ、左AFリグルからバグストーム終了。
相手はしらさわ対面リリーホワイト、左AFアミュレット霊夢(以下あみちゃん)、右AFダブルスパーク(以下魔理沙)でエンド。なかなか辛いところ。
こちらターン貰ってドローするも割といつも通りなしょっぱいハンド。
仕方なく中央AF蓮子、右DF雛からしらさわ殴りこみ。相手はリリーキャッチ、アミュレット宣言に対応きのこ。お互いにサポートしてリリーダウン、ワンドロー。リグルパンチとバグストで終了。
相手は蓮子対面厄神雛、対応物理学。フルパンチエンド。
こちらはリグルとしらさわ殴ってバグストーム、中央DF依姫でエンド。
相手はしらさわ対面にとり(辛い)、対応物理学。霊夢パンチには対応厭い川の翡翠、相手がにとりを寝かせてきたので霊夢はキャッチサポートで止まる。魔理沙通してエンド。
ターン貰ってしらさわパンチにはデキボ消される。リグルパンチとバグストームエンド。
相手はトップでは動けず、霊夢パンチに対応物理学。パンチは両方スルーでエンド。
ターン貰って、依姫がにとりに入れ替わり魔理沙対面美鈴。リグルパンチとバグストエンド。
相手霊夢パンチは雛キャッチからしらさわサポート、にとりサポートと厄神様で落ちてエンド。
ターン貰って、しらさわパンチに相手がデキボの消し忘れ。ドローしてからキューカンバーでてゐを回収成功して霊夢対面、リグルパンチとバグストでエンド。
相手はリグル対面、右DFに小傘でトップとボトムに封印積み。
対応物理学は通って、魔理沙パンチはスルーでエンド。
ターン貰って、引きこもろうにもトップの封印を引かせるわけにはいかないのでキューカンバーで大妖精を回収、成功。バグストからリグルパンチして小傘と相打ち、美鈴オーダーからパンチして左DF大妖精でバーンから終了。
相手は魔理沙サイドステップからパンチでこれはスルー。ハンド3枚で動かず終了。
ターン貰って、美鈴パンチから相手の枚数が7枚とのことだったのでキューカンバーでこいし回収、てゐエスケープで4ハンドにしてからこいし登場→能力で詰め。

スペック操作二人は辛かったですが、途中で後ろ向きに展開してくれたので比較的楽に引きこもれた印象。それにしても魔理沙せこい。

二回戦:雪月

先攻。このゲームは盛大な事故合戦でした。
初手に揃ってしまったので中央DFてゐ、登場通って梅雨を中央DFに張ってエスケープ宣言。
ここまで通ったので左DFに美鈴からオーダーエンド。ウィニー引かない。
相手は頭を抱えながら美鈴対面レティエンド。あかん。
で、ターン貰って梅雨てゐまで行くもハンドがてゐ、みとり、雛、イベントごっちゃみたいな状態でとても動けない。やむを得ずそのままエンド。
相手は中央DFルナサエンド。おお…もう…

右AFにトップで引いたしらさわを置いて梅雨てゐ。ハンドが余って使えないので仕方なくもう一度てゐを置き直して終了。
相手、しらさわ対面左DFに雪フラン。どうにもならない。
ターン貰って、引いたにとりを右DFに置いて宣言には即きのこ。ですよね。
梅雨てゐしてから終了に、相手何も動けず終了。
中央AFに白蓮は藁人形、梅雨てゐしてから中央AFに蓮子、左DFに雛。美鈴パンチにはキャッチ、雛サポートにはルナサ能力で1点。ここまで未だに打点1回も通らず。
相当グダグダになりましたが、この後向こうの追加したサリエルや咲夜の攻撃は通さず、こちらは蓮子能力と美鈴のディスカードでちまちまと稼ぐ。
蓮子に空き巣を打たれた後はおかわりをするためにルナサに突っ込んでスルーされたりして打点を継続。サリエルを通すためのノーザンウィナーには空き巣。
お互いに抜けていて、途中空き巣を食らった蓮子が能力宣言してお互いに通してしまうハプニングはありましたが結果にはほぼ影響せず。
お互いに引きが盛大に事故ったお陰でまともに殴ることがなく、ほぼ完封の試合でした。
正直梅雨てゐはあまり関係のない不幸な事故。

三回戦:雪月t花

先攻。
最近銀符を始めて、公式大会初参加との話を試合前にされたのですが使うデッキが怖い。
こちら右AFしらさわエンド。
相手は中央に紫ぶっ放しから能力、これには対応きのこ。右AF雪月早苗追加でエンド。
ターン貰って、しらさわパンチから中央AF白蓮、中央DFてゐと並べて終了。
相手は早苗パンチから、紫がその場でパンチ、こちらキャッチから白蓮サポート。
サポート対応で除去を打つつもりだったらしいのですが、よく見たらハンドが妖と月3枚だったとのこと。結局そのままになってしまい、エンド前スターソードでターンを貰います。
しらさわと白蓮パンチ(みょんぎつね落ちるも悩んで処理せず)から、左DFに美鈴、オーダーから左DFへにとり。キューカンバーには即きのこを頂きます。
そのままエンドで、相手はイベントグレイソーマタージの宣言から白蓮に西行妖。コストが早苗能力をやる気から宣言でものすごいハンドアドを持っていかれます。
紫はてゐを嫌がったか左AFにジャンプしてパンチ、エンド。
ターン貰って、しらさわと美鈴パンチから中央AFに霊夢は藁人形。エンド。
相手は紫パンチでエンド。
ターン貰ってしらさわパンチ、みょんぎつねが落ちてしらさわ対面に登場。ドローで白蓮を持ってきてしまったので着地、美鈴パンチでエンド。
相手は紫パンチから中央AFに蓮子。早苗パンチにはにとりキャッチ、蓮子サポートで一方。
ターン貰って、温存しておいたみとりを右DFに。
対応蓮子能力にはそのまま捨てて美鈴能力で反射が入ります。能力指定は早苗。
美鈴と白蓮殴って終了。
相手は紫が突破しに行くと次ターンフルパンチで死ぬ形になり、紫が中央DFへジャンプ。
早苗パンチはスルーしてエンド。
ターン貰って、美鈴パンチからしらさわパンチはみょんぎつねキャッチ、白蓮サポートで一方。
ここでしらさわがトップで依姫を持ってきてくれたのでありがたく左DFに置いてエンド。
相手は蓮子パンチ。対応で依姫が雛に入れ替わり、てゐキャッチから雛能力で紫タップ。
蓮子が一方ダウンから早苗パンチは雛チャンプで打点0。チャンプでみょんぎつねが出ますがそのままターン貰って殴りきって終了。

綺麗にドローソースと除去を回されましたが、しらさわが通り続けたのでなんとかなった印象。
こういうのを見ると相変わらずしらさわが優秀すぎて辛い。

四回戦:花単

先攻。なんか先攻ばっかだけど。
リグルからバグストエンドしたら右AF風見幽香、中央AF萃香ぶっ放されました。泣きたい。
トップの引きに救われ、しらさわを右AF、中央AFに霊夢を置いてリグルパンチバグストエンド。
相手はリグル対面にとりで対応二重結界。幽香パンチから相手にとり能力はきのこ。死にかけ。
幽香と萃香両方スルーしてターン貰い、左DFにとりから二重結界込みでフルパンチ。
ターン渡して、攻撃対応二重結界は対応身代わり人形(霊夢対面)。死にそう。
フルパンチを貰ってターン貰い、しらさわパンチから霊夢パンチ、身代わりは当然チャンプ。
リグルパンチは通って中央DFにてゐでエンド。
幽香パンチスルー、てゐパンチにはキャッチ、ダウンで2枚回収。キューカンバーからてゐを回収してもう片方のカードで二重結界、ターンを貰います。
しらさわパンチからリグルパンチはにとりがキャッチ、こちらにとりサポートして落とす。
二重結界から霊夢パンチ入れててゐ出してバグストエンド。
相手トップ2ドローで二重結界対応夢想封印対象てゐ。死ぬ。
幽香パンチにはにとりが対応でにとり呼んできて回収成功、チャンプ。
ターン貰って、デッキがこちら7枚でしらさわが殴ると死ぬためバグストで8枚にして幽香対面にとり、リグルと霊夢が二重結界込みで殴ってエンド。
相手がラスト封印を再び引いてきたらゲームエンドでしたが幸いトップで揃わず。
萃香パンチにはてゐがキャッチしてバトル中二重結界が通ったのを見てから勝ち確。
幽香はスルーしても1点デッキが残って、ターン貰ってバグストから結界込みフルパンチで削りきりの勝負でした。うーん、酷いゲーム。

向こうがああいう展開すると完全にこれ以外の動きが出来ないのでなんとも。
いやまあ、ここは負けなくて良かったです本当…
霊夢はこういう時に頼れるので有り難いですね。

五回戦:雪月花

後攻。相手は中央DFリリーホワイトから右AFに小傘でトップにマタージ置いてエンド。
ターン貰ってこの日初めてのしらさわ白蓮エンド。
相手は中央AF魔理沙、小傘パンチでエンド宣言。エンド前白蓮能力を宣言するときのこ。更にしらさわ対面に月大妖精でバーンが入る。エンド。
ターン貰って、リグル出すまでは良いんですがハンドに雛を絡ませられず白蓮パンチとバグストしか通せず。仕方なくそのままエンド。
相手はドローからフルパンチ、リグル対面雛でエンド。こちら、ターン貰って小傘対面ルナサ。右DFに蓮子を追加、対応雛能力を言われてルナサが寝る。しらさわパンチは通ってバグストームでエンド。
相手は小傘と魔理沙パンチ、物理学は通ってエンド。
こちらはしらさわパンチから、通ってバグストームから中央DFに雲山エンド。
相手はリリーエスケープ、対応物理学からリリー再登場で魔理沙が左AFに。パンチはスルー。
エンド貰って、しらさわパンチからバグスト、魔理沙能力のお陰で後ろが硬すぎてどうにもならず白蓮が棒立ち、悩んだ挙句蓮子の居る右DFに梅雨を張ってチャンプムーブ。
ターン渡して相手は魔理沙パンチ、蓮子が物理学しながらチャンプ。
こちら蓮子おかわりからしらさわパンチは通ってバグストーム、エンド。
相手はそのままエンド宣言。こちら物理学に対して西行妖、対応で永夜返し。
ハンデスが通って仕方なく魔理沙が再びパンチ、蓮子チャンプ。
再び同じ動きをしてこちらは終了。相手は魔理沙パンチから対応物理学で蓮子キャッチ、今度は雲山サポートからルナサ能力で一回は生き残る方針。すると相手は中央AFに蓮子を追加して小傘パンチ。
ルナサはそのままチャンプ。

この辺りからちょっとずつ手順が怪しいですが、相手の蓮子能力には空き巣が刺さり、こちらは小傘対面に大妖精を出した後次のターンチャンプ、蓮子も能力言いながらチャンプ。
詰めを見据えて依姫を右DFに出してから能力で大妖精を即時呼んで魔理沙列を事実上封鎖。
ハンドの依姫を切り札にしながらじわじわ立ち回り、左DFには雛も追加。
相手のリリーがエスケープしてメリーが出てきて回復が1度起動したのには焦りましたが、最後はなんとかリグルが自滅から依姫登場、能力からこいしに入れ替わってこいし能力3点詰め切り。
デッキ差もかなりギリギリの勝負でした。

ハンドを殆ど使いきってぐるぐる盤面を回せたので苦しいながらも面白かったです。
梅雨が単純に固め合う勝負だと強くて使い勝手が良かった印象。
依姫と梅雨を絡めた封鎖は初めて実践しましたが、今迄の経験値があったからこそなんとか回せた感じはしますね。もうちょっと早い段階で綺麗に封鎖出来ればよかったんですが…

とりあえず大ちゃん強すぎて死にそう。枚数増やしたくなる。

六回戦:雪t日

大御所との決戦。後攻。
右AFお燐、トップでしらさわと白蓮が落ちる。アカン。アカンこれ。
お燐は中央に移動してエンド。
ターン貰って、リグル登場バグストームからしらさわを回収しておいたほうが良かったことに気付く(遅すぎ)。幸いゴミ箱にしらさわは残ったままだったので致命的ミスにならずにすんだので、様子見も兼ねてにとりを左DF登場宣言。相手はハンドが大分辛いのかこれに藁人形。
次ターンにフランが出てこなくなるなら良いだろうということで、右AFに蓮子でエンド。
お燐が右AFにサイドステップ対応物理学には妖。ダブっていた蓮子をハンドに残すべきだったか。
ただそれでも打点がトントンなので、お燐パンチをスルーしてターンを貰う。
相手のハンドが1枚、恐らくフランだろう読み。
除去を貰うまでの最速2ターン後までに10点稼いでくれれば確実にアドを取れる計算で紫を右AFにぶっ放し(というより他にAFが居ない)、リグルパンチバグストから紫能力で適当に確認しつつ終了。
相手はお燐パンチ、紫能力に対応がなかったのでほぼ勝ちを確信。しらさわを見つけて保管。
3点食らってターン貰い、ドローと紫能力で依姫も掘り当てる。
相手の最強手が紫除去ではなくフラン登場なので、依姫をしまっておいて中央AFにしらさわ。
バグストームしてリグルと紫パンチでエンド。
相手はやはりフラン登場、お燐パンチでエンド。
こちらはフルパンチからフラン対面に依姫。
ここでプレミ、こちらは依姫が雲山に確実に入れ替わるためデッキトップがEX2になるよう紫で調整しなければいけなかったんですがその調整を忘れる。
ターンを渡して相手は当然そのミスを咎めてフランパンチから。
ただここで緩むわけにもいかず、結局分の良い賭けとはいえリスクのある雲山入れ替わりへ。
これが通って雲山がキャッチ、フラン能力で雲山が戻されます。お燐パンチでエンド。
こちらフルパンチからバグストで戻ってしまった依姫を中央DFにおかわり。
ここで相手がトップドローで何も引かず投了まで。

読み合いに勝てたのもありますが、これは完全に引きの差で貰った勝負でしたね。
仕方ないといえば仕方ない感。

優勝決定戦:花雪

そしてこのマッチング。
お互いに当たらない読みで組んできたデッキが最後まで二人共生き残ってしまうという惨劇。
正直このゲームに関しては公式の対戦動画を見るのが一番かと思います。
おそらく、今までで一番「銀符律らしくない」対戦動画なんじゃないかなと。

何はともあれ先攻。
トップワンドローでまさかの天鳳状態に。
中央DFてゐスタート、対応ないのでそのまま梅雨張ってエスケープまで。
通ったので左AFリグル、バグストームから右AFしらさわでエンド。
相手は悩んだ後左AF上海、右AF小傘、中央AF花幽々子で終了。
ターン貰って、梅雨てゐ処理からフルパンチバグストーム、中央AF白蓮追加でエンド。
相手は中央DFレティ追加からフルパンチ。エンド前スターソード。
ターン貰って、白蓮パンチにはノーザン。左DFみとりで指定はノーザンウィナー、リグルとしらさわが殴ってドローから梅雨てゐ処理、改めて中央DFにてゐを登場して終了。
相手は右DFに阿求登場、小傘パンチはスルー。上海パンチもスルーでバトル中幽々子サポ。
サポート時にレティ回収でエンド、エンド前スターソード。
ターン貰ってリグルとしらさわパンチから上海対面にとり、てゐエスケープには阿求能力。
で、今見直していて気付いたんですがこれはてゐエスケープから動くシーンでしたね。
相手が阿求能力を言うなら相手のハンドの枚数考えてレティを落としに行って良さげですし、エスケープが通るなら通るで多少その後の展開が変わった気もします。
無理にでも相手にハンドを使わせて、打点を押し込んでいく動きを追求すべきでした。反省。
ターン渡して、相手はリリーを左DFに追加から上海パンチ。にとりは即キャッチ。
リリーサポートでダウン。みとりと幽々子はスルーだったか。

この後2枚目の梅雨を引き、てゐがエスケープしハンドが十分になったので依姫に入れ替わった辺りから本当に泥沼です。お互いに少し通して3点回復するミラーゲーム。
お互いに盤面が綺麗に出来上がっていたので、最後までその図が崩れることはなく時間切れ。
際どい判断や難しい局面も多かったのですが、こちらの方がミスは多かったイメージ。
こういう時のために増やした空き巣は結局手札を通過してくれなかったためにゲームを決められず、最後の盤面を見る限りお互いに譲る気はないということで引き分けになりました。
あまり面識のない相手とこの事態になっていたら空気が怖かったので、身内戦になったのは本当に助かりましたね色々と…

まあ、花単やら何やらをお互いに潰してここまで上がってきたし結果に不満はないだろうと。
で、オポネントは負けている予定だったのですが気付いたら優勝という感じでした。


梅雨てゐで壇上はもう一人居て、そちらはガンガン初手梅雨てゐを決めていたらしいですがこちらはそのコンボを決めたのが「7戦中2回のみ」ということで。
普段通りの月単に、てゐと梅雨のそれぞれのカードがうまく働いてくれたかなという感じです。
いつも通り+αが結果として残せたので良かったなぁと。梅雨てゐをどうメタって行くかは考えないといけませんがね。正直言って5.0の頃までの月とは次元が違うので…

月は好きですが、こうして一度環境トップに立つことが出来ましたし私は暫く梅雨てゐをメタる側に回ることにします。有力な手段は足りていないのですがやれるところまでやりたい。

兎角、回ると火力の高いデッキが増えて花単もそう簡単に1敗ラインに残れなくなったのは驚きでしたねー。それでも突き詰めればまだ最低火力の高さで戦えるとは思うのですが。
環境が今後どう動いていくのが悩ましい所で、色々様子を見たいですねぇ。

そんなこんなで今回はここまで。
レシピの方はまた上げるかもしれませんが、公式の方で一応確認していただければー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

だくねす佐倉

Author:だくねす佐倉
TCGは東方銀符律とかいうのをやってた人です。
CoJは難しいなぁ。今はJⅢ。
天子とか阿求とかすき。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。