スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/22 東京公式

※いつもの注意書き:左右の表記はターン進行プレイヤー視点です

北海道公式を挟んではいますが、とりあえず9弾での公式参加は初。
新薬を駆使すれば月単もそこそこ戦えるらしいことが分かったので結局月t日は置いといて月単を使ってみましたの巻。飽きないですね。

友人に即興で組んだ宙日を貸したりしてましたが、結果を受けて「ああアレもうちょっと煮詰めないといけなかったのか」と後になってから悔やむ有り様。
どうにも頭の硬いこと。

今回はまるで結果がついてきませんでしたが、勝てなくはないのかなぁ。
もうちょっとメタの方向を考えてみるべきでしょうね。

<早見>

宙単 ○
月t花 ×
雪花 ×

1-2ドロップ

<詳細>

一回戦:宙単

北海道のお土産を頂きました。ありがとうございます。
先攻はこちら。AFが華仙と霊夢しか居なかったので左AFに華仙、屠自古を引かないと突破力に不安だったので左DFにリリーを置いてエンド。
相手は中央EXルーミア登場から能力、右AFにこいし、中央リリーでエンド。
こちら、梅雨亭がハンドに揃ったのでとりあえずてゐを登場しますが梅雨をブリンガーで引っこ抜かれる。仕方ないので中央AFに霊夢を出して華仙パンチから能力でエンド。
相手はルーミアサイステからこいしパンチ、ルーミアパンチ。両方スルー。
こちらターン貰って、梅雨亭。お互いゴミ箱に輝夜が落ちたので華仙は殴れず霊夢だけ殴ってエンド、相手側もルーミアは殴れない状態に。
相手はこいしパンチから。リリーキャッチに華仙サポートは対応の倒壊で華仙がハンドバック、てゐサポートにはイドの解放。盤面は大きく崩されたものの相手のハンドも飛んだのでまだ平気か。
こちら、梅雨亭から他のAFの択がないので華仙を出し直し、こいし対面にはルナサ。
霊夢だけ殴ってエンド。
相手はブリンガーから。輝夜を出すためにこれに対応霊夢能力。
相手はサイステからパンチ、対応新薬で輝夜登場。相手はバトル中にスキマで終了。
こちらターン貰って、華仙パンチから。相手はハンドがフィズっているようで輝夜が出ず、そのまま能力。霊夢も殴ってエンド。
相手は新薬で輝夜登場から能力。こいしパンチにはルナサキャッチからハンドバックでエンド。
ターン貰って、ルナサ登場から華仙パンチ、バトル中ルナサと華仙能力で2点を稼ぐ。
霊夢パンチは通って、左DFへにとりから右AFルナサでエンド。
相手は左DF神奈子登場でエンド。
こちら、トップで倒壊を引く。ここでカウンターの貯まった相手のこいしが怖くなくなったので凡そ勝利確定です。相手が次のターンにトップが再びフィズって(EX1が3枚)投了を頂きました。

倒壊を引けなかった場合はやっぱり結構ギリギリだった気がしますね。証城寺も打てなさそうでしたし、無理矢理詰めを目指せたかどうか。こいしはやはり鬼門。

二回戦:月t花

いつもの。
先攻でお燐登場の中央リリーでエンド。
相手はお燐、蓮子の中央リリー。
こちらは左AFに霊夢追加で、対応物理学は受ける。お燐パンチから能力は通る。
相手のお燐にはきのこ。パンチは両方通る。

この後、相手は物理学を言わずの5点ビート、こちらはお燐の4~5点ビートが続くものの霊夢対面にてゐが出てすぐに止まってしまったことでやや辛い状態に。また、輝夜が落ちないために蓮子のパンチも止められなかったのが結構痛い感じ。
中盤にこちらが蓮子を追加した後、相手はライフゲーム永琳を追加。
永琳の攻撃は通しませんでしたが、ライフゲームでの回復分が痛くレースを離されこちらの詰めが届きませんでした。なかなか辛い。

霊夢の配置はもう少し考える価値はあったかなぁとも思いますが、それよりも輝夜の落ちに期待し過ぎた感じがありますね。梅雨亭も輝夜もさっさと諦めて蓮子を通さないように動いたほうがシンプルなレースを作れた気がします、どうにもデッキに惑わされていたような。

三回戦:雪花

相手先攻。左AF小傘登場からカーニバル、右AFに霊夢でエンド。
で、このカーニバルに一向にきのこが刺せず除去をある程度引き入れられほぼ完封。
AFもあまり引かず途中で新薬から優曇華を出す羽目になったり。
終盤は証城寺連打されてそのまま終わり。やることなし。

きのこ打つか梅雨亭するかどっちか出来ないとどうにもならないですね。
まあ、ある意味当たり前でした。


と、割と本当に呆気無く負けてしまったのでそのままバトラへ。
前日にフィーリングで組んだ諏訪子型の宙日を使いましたが、そこそこいい感じに回って6-0でカードくじを沢山引くことに成功しました。割とどうでもよさ。
ただなんか古いラッキーがやたら入ってたのでそこそこ良かったんじゃないでしょうか。

優勝の宙t日は、最初にレシピを見た時は違和感が少しあったのですが、カラーリングの割にかなりメタが突き詰められていて面白かったですね。メタを意識すると大いに納得です。
逆にここをメタっていくのはなかなか大変そう。暫くよく見かける型になるのでは。

忙しい時期になってきたので、銀符は少し控えめで動くことになりそうです。
遠征は…ちょっとするかどうかわからないですね。チャンスがあるとすれば11月の名古屋ですが。
もしかしたら12月にありそうな東京まで休止かもしれず。

環境が面白そうなだけにもうちょっと触れたいんですが、なかなか大会に出られるタイミングもなさそうなんですよねぇ。仕方ないです。

それでは今回はこんなところで。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

だくねす佐倉

Author:だくねす佐倉
TCGは東方銀符律とかいうのをやってた人です。
CoJは難しいなぁ。今はJⅢ。
天子とか阿求とかすき。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。