スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくとぎんふりつ(前編)

シルバーブリッツさん、今迄お疲れ様でした。

というわけで、この4年間? を振り返って思い出話でも綴ろうかなと。
みんな似たようなこと考えるだろうけど、いざ長文書くかっていうと書かないでしょ。
こういうことやるのはこの界隈じゃ私だろうという自覚もあるし。
じゃあやっていきましょうね。一記事じゃ終わんねーけど。

基本時系列順に行きたいけど、何せ期間が長いから忘れてることも沢山あるし順番は結構ごっちゃになってると思います。個人名はバンバン出てくるからその辺はよろしく。
個人名の解説はしませんので気になったらリプでもAskでも投げてください。

☆出会い

そもそもはなんだったかな。
くろいひとに持ちかけられたんですよ。なんかTCGやろうぜ、と。
私が東方好きだしじゃあ東方系でなんかやるかってことになって、幾つか候補示された中からイラストもルールも強そうな東方銀符律ってのをやってみようかと。
発売前の段階でそういう話になりました。この時はまさかこのゲームの終焉を見届けることになるなんて思ってもみなかったよねぇ。

何故かやる気はあって、発売日当日は開店前に並んでサーパラとかで合計5box位買って。
ピロ水さんのフランプロモは高騰したなぁ。
そんで適当にデッキ組んで何回かくろいひとと遊んで、すぐに公式大会と。

なんでいきなり大会に出ようかと思ったのかはよくわかりません。
私は元来その手の積極性に欠けているタイプだったと思うので、これが今でも不思議だったりします。
だってあれだよ。完全なTCG初心者だよ。
小学生の頃になんとなくポケモンカード触ったり、中学生の頃にちょっとだけ遊戯王触ったくらいの記憶しかなくて、真面目にデッキ組んだり大会出たことなんて勿論無い。
知らない人とカードゲームをする、なんて感覚がなかったはずなんだよ。

当時の俺は何を考えてたんだろうなぁ。

☆初めての公式

私ね。今更これを言うのも何だと思うけど、ゲーム自体は得意な方だと思ってたんだ。
負けまくるっていう経験もなかった。だから悔しかったですねやっぱ。
0勝4敗1不戦勝とかだったかな。ものの見事に勝てませんでした。
今考えると当たり前なんだけど、周りだって初心者じゃん、みたいなアレがあってさ。
リセから流れてきた人はしょうがないと思うんだけど、TCG自体初めての人はそんなに居るわけじゃないっていう当たり前の事実を当時はあんまり認識してなかったんだと思う。
最後の試合とかはお互いプレミしまくってて、物凄い惜しいところでミスして負けたりして、兎に角全敗って事実に発狂しそうだった。負けず嫌いなんだよ。

ただ、まあね。このゲーム関係ない私の昔話に関係するんだけど、闘争心を剥き出しにして悔しがったり、高いプライドを持て余して傷ついたりっていうのはとっても久々だったんだ。
何でこのゲームにそんな本気になったのかは分かんないんだけどさ。
新鮮だったね。なんか、こんなにクソ真面目に遊ぼうとしてる自分が。

☆第二回公式

この前後に、大学の先輩で銀符律してる人を見っけて、その人とスパーリングするようになってました。
第一回でボコボコにされた経験を活かしつつ、ついでに素直に強いって言われてた1.0諏訪子っていうパワーカードを全力で使いつつ。運も味方して、今度は突然4連勝。
流石にここで壇上に行けるほど甘くはなくて、5回戦で現れたのは王者さん
当時のHNは別だったけど、それは兎も角時折ルールの間違い指摘されたり花映塚構えられたりしながら負けました。比較的善戦はしてた方だったけど惜しい試合ではなかったね。
そんで6回戦、対面に座るはでちん
前回4-2だったから今回は勝ちたいんですよ~~~~↑↑↑↑」って言いながらしっかり私を踏んでいきました。まあこの時点でもやっぱり経験値の差は大きいよね。

本戦後にでちんと一緒にバトラに行ってそのままもう一戦することになり、お互い適当なデッキで遊んでたんですが、ここでふるで先生が取り出した3色デッキ(色忘れちゃった。雪月日とかだっけ?)が私に多大な影響を与えます。

ワイ「三色とか回るんすね~~~~」
でち「まあなんとかなりますよ(にこやか)」

とかいう甘言にのせられて、ここから私は雪月花の道を歩むことになりました。めでたしめでたし。

この日は確かグラサンにもマッチングしてるんだよね。初期から会ってる人ちょくちょくいるんだよなあーなんて思いつつ。もう居ない人もいるんだよなあーとも思いつつ。

☆横浜デビュー

雪月花に魅入られた私は試行錯誤しながら、近隣の公認大会への殴り込みを決意。
しかし絶妙に立地が微妙で、一番近い公認大会が横浜という現実が待っていました。
ただこの横浜が本当にいいところで。
味噌汁さん、ジャッジ、ミスター、はなむぐりさん辺りの年上面子に囲まれて、アットホームな環境の中で楽しく過ごしていました。
この頃からでしょうねー。ゲームとしてだけでなく、「人と遊ぶ」意味でこのTCGにのめり込み始めたのは。

行き始めて少しした頃に、こちらからギギPと若さんを認識します。
第一印象は怖いお兄さん達でした。
当時は実際綱島勢のオーラ怖かったし。うん。
この段階では向こうには認識されてません。

この年の冬は横浜近辺を周辺にいろんな大会に出ましたね。
秋葉行ったり新宿行ったりもしてました。養蚕ともチラッとマッチングしてますね。
この期間に一番大会でマッチしてた相手はむぐーりんてんてーとツキハカ村長かなぁ。特に村長は、私と同じように「銀符初期から居るやる気初心者勢」仲間としてよく遭遇していたので、印象に残っています。

後は、「まるで勝てない相手」としてよくマッチしてたのはロベルト・カーロンさんですね。もうほんっとに勝てませんでした。カードゲーム経験もそうなんだけどやっぱり実力差が凄かったなぁ。
ただ、年を越すとだんだん「リセ勢以外」には負けなくなってきてた。
この頃から雪月花に手応えを感じ始めましたね。

☆初めての壇上

時期は多少飛んで第7回? とかその辺の東京公式大会。
努力が実を結び、雪月花で初めての壇上を経験します。
運が冴えてたのは勿論だけど、回った時にデッキが実際に強くて感動したなぁ。
5回戦は確かミストさん。相手が事故ってこっちはブン回っての交通事故だったけど、ある意味やりたい放題の雪月花の印象を植え付けることに成功してた気がする。
6戦全勝からの優勝決定戦はうらりょんさんでした。
が、ここまでの運を使いきっていたために大事故でボロ負けの恥ずかしい事態に。
初々しい壇上コメントを残したりして、それでも満足の結果として帰路につきました。

最初期のフォロワーだったRUIちんに「だくねす佐倉=白猫軟骨」と認識されたのはこの時だったね。なんかびっくりしてて面白かった記憶。

養蚕とかその周辺にはこの日にマークされた模様。
雪月花は4弾環境の途中まで続けてたけど、ある程度満足して(デッキパワーにも限界感じたし)その辺でやめたんだっけね。どうだったかな。

☆当ブログ創設と名古屋大会優勝

見出しと全く関係ないけど時期的にこの辺だから書いとくけど、ラジアンに初めて煽られたのはこの年の夏だったかな。その時彼は第8回大会優勝、その後の仙台だかの大会でも準優勝かなんかして、当時「一番波に乗っている男」だったわけだよ。
そういう奴にほぼ初対面で、こっちから挨拶しようとしたら「あの白猫軟骨さんですね。お噂はかねがね」とか向こうから言われたんだぜ。未だに根に持ってるからな。
さて話を戻そうか。

このブログを作った理由は、「自分のような初心者がデッキを作ったり実際に遊んだりするときに、指針となる記事を作りたい」という至極善意に満ち溢れた動機でした。
もうちょっと和訳すると「俺が初心者の時にこういうの欲しかったなぁ…」って奴。

そんで適当に記事ちょっと書いて、「名古屋行ってきます!」みたいなこと書いて。
今思うとなんで一人でいきなり名古屋行ったんだろうってことなんだけど。
確かに4弾環境では殆ど関東で公式がなくて、「公式に出たい!」って気持ちがあったのは確かなんだけど。それにしたって突然一人で名古屋行くか普通。
夏ぐらいからよく横浜で会うようになったレバ犬くんにも不思議そうな顔で「おう、頑張ってーな」的な声援を貰って出陣したものの、いやほんとなんだったんだろうね。
レバ犬くんといえば魔界天使が暴れ始めたのもこの年の夏頃からだったねぇ。

で。ここで養蚕の甘えたプレイをぶっ潰して登って行ったらギリギリでまさかの優勝を掴み、この瞬間から私は集い勢の玩具になりました。

ギギP若さん辺りに「よく見るアイツ」として認識され始めるのはこの近辺だったかな。

この年の冬の思い出と言えばこれですね。
http://togetter.com/li/226978

いやこれね。後でネタばらしもあったりしたけど酷かったねほんとね。
ツイッターってツールはほんとアホだなと心から思った出来事です。

☆2012年に入って

どんどん集い勢に飲み込まれてすっかり愉快な仲間たちの一員となり、遠征やら何やらにちょくちょくついていくことになります。
新星しろたマン&かゆおコンビも現れて、やっぱりこの年が一番銀符律盛り上がって楽しかった記憶がありますね。正直この年は色んな事をした記憶がありすぎて書ききれないですわ。
このコミュニティに飲み込まれて良かったなぁ、なんて。
心からそう思えた年でした。

とまあ、こんな感じで続きも書きたいんだけども。
ぶっ続けでここまで書いて疲れたんで続きは後日で良いかな?
うん。まあ年内には頑張って続き書くよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

だくねす佐倉

Author:だくねす佐倉
TCGは東方銀符律とかいうのをやってた人です。
CoJは難しいなぁ。今はJⅢ。
天子とか阿求とかすき。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。