スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京・大阪公式を終えた辺りで

銀符の勝率云々より前にPCがクラッシュする大惨事。

東京公式は結局出るデッキが見当たらず、色々と試行はしていたもののやや時代遅れ気味な月単でそのまま突貫して4-2という結果でした。大阪は時間もお金もなかったので欠席。

どの色も強化はされていますが、やはり花が一歩抜きん出ていますね。
霊夢、萃香、身代わり人形、小傘と花単では即採用圏内のカードが一気に追加され、最低火力も最大火力も綺麗に底上げされた感じ。
5.0の段階で、天子や魔理沙が出ないとやや不足気味だった突破力を霊夢と萃香で解決した上、身代わり人形はEX、使用代償がとんでもなく優秀なシステム。花で追加されるカードは、いつも「どんな相手に対しても優秀」なものばかりなのが恐ろしいところですね。

また、優勝こそ逃したものの雪t日も健在ですね。妖夢により展開力が上がったことと、青蛾のせいで見事なまでにデッキの安定性が上がったのは大きい。
ただ、雪t日は自分でも回してみたんですが…やっぱりまだどうしても引きが弱い時にどういう動きをしたらいいのか、私が未熟なためによくわかりませんでした。
少し日和ると花単に踏み潰される印象が強かったです。

東京公式では、花単(花星)に4回、花宙、月宙と当たりました。
花単に2勝2敗で残りに勝ち…と言った感じです。

勝った試合は相手のAF展開がウィニーばかりで白蓮から減速に成功してしまったのが一つ。
もう一つの試合は白蓮、天子と出されたものの登場ターンがあまり早くなかったのでこちらが先に盤面を作って美鈴バーンを始めることが出来、詰めの盤面で相手がイベントを引けなかったのが勝因でした。

負けた試合は、片方は萃香の暴力に屈したものが一つ。(萃香登場後の相手のトップが強かったことの方がメインな気もしますが…) もう1試合は相手が先攻でウィニーと霊夢を並べ、DFは身代わり人形とリリーホワイトを2回ずつプレイされ先攻分のアドを生かした綺麗な立ち回りで押し切られました。盤面完成が1ターン遅かった、という感じですね。

月からするとやはり身代わりと萃香が苦しい感じでしょうか。
身代わりはティータイムも否定しているので、兎に角どう展開したものやらです。
単純にトップ2ドローで解決する手段が花に増えているので、ハンデスからの展開をするにしても難しくなっている気がしますね。この辺は自分で花を使うと痛感します。

ここ暫くは月が消えて花環境になるならと、以前自分が使っていた花t雪を引っ張りだして回してみていますがやはり安定しますね。
花ミラーはレティ分でなんとかする方向。それ以外は実質花単の動き。
相手がとんでもないブン回りをしたり、私が酷いプレミをしたり(暫く月に傾倒していた関係でプレイングの偏りが酷い)というパターンでここのところやたらと負けを重ねてはいるのですが、環境を戦う分には申し分ない印象です。
チーム戦は今のところはこれを候補に。

後は日単ですか。
魔理沙が安定して出るのがやはり強力無比。
魔理沙、お空と展開されると除去なしでは対処できませんね。
今後プレイヤーが増えるのかは分かりませんが、花や月からすれば厄介なのかなぁという感じ。
以前までの型なら大体はなんとか出来たんですがね…ぐぬぬ。

花t雪を一つ手元に置いておくとして、このまま花環境が加速するばかりなのを見ているのは面白く無いので月単で戦うすべがないかもう少し検討してみる予定ではあります。
現在の方針は霖之助、紅い月、6.0パチュリーの採用ですね。
いずれも花メタ。展開力を上げつつ面倒なものはなんとか紅い月で誤魔化そうと。
紅い月の初見殺し感が否めないですが、出来る事は増えるかなと。信じたい。
まあ、どうにもならなくなったら天子に逃げるしかないですねー。

兎も角ここのところ負け続きなので、何を使うにせよ調子を取り戻していきたいところです。
今回はそんなところで。

5.0ラスト一ヶ月 環境雑考

大分空いてしまいました。
ここ最近の戦績は2-1、2-2、1-2と綺麗に負け続きでした。
しかし相変わらず月単以外を使わないという。それだけ気に入ってるんですが。

昨日の大魔王の集いに参加してきましたが、ここでは運良く5-1。
決勝で潰されたのが悔やまれますが、関東の猛者が集まる中ではひとまず十分な戦績。

当たったデッキが、花月、花星、花単、花雪星、花雪星、花単と見事にお花畑。
逆に決勝の花単の方は月ばかりと当たっていた様子。
結局、花と月ばかりの環境だったようですね。4回戦位で既に花か月しか見えてませんでした。

さて、今月から環境に河城みとりというカードが追加されます。みとりが来る前から花と月ばかりという状態にこの子が参戦すると、ますます花と月の2強になりそうな印象です。宙は絡めそうですが…
雪t日は月への勝率が問題ですかね。花に対してはまだ戦えると思うんですが…

みとりが月に与える恩恵は、
・対花で、藍、霊夢や諏訪子に対する「にとりから呼べる」解答が出来た。
・花宙フランへのベストアンサー。
・月ミラーの激化。
・レティへのベストアンサー。その他雪のカードの多くに刺そうと思えば刺せる。


パッと上げる感じではそんなところでしょうか。
とんでもないですね。

環境を今迄支配してきた橙とレティ。橙はきのこという一応の解答があったのに対しレティは無敵の強さを持ち続けていましたが、みとりの登場によってこれはかなり影響を受けそうです。
勿論レティがとんでもないパワーカードで、デッキに積み込むという状態は変わらないでしょうが。
大分ゲーム展開にも影響が出てきそうですね。
一番頭が痛いのは月ミラーでのみとりの扱い。型が違えば自分には刺さらないカードに対し封印をするのでしょうけど、にとり、雛、依姫辺りのパワーカードを封じようとすると諸刃の剣になりえます。
依姫からのみとり登場で相手の能力をフィズらせるという使い方は出来ないので、いざ使ってみるとなかなか難しいカードだとは思うのですが、いずれにせよこの子のせいでゲームが決まる事態は多く出るんじゃないかと。

単純なスペックも問題児。
1/3/2というスペックがどれだけ面倒かというのはにとりでとっくに証明済みですし、にとりと同時に出るとあってはいよいよ対月の戦略が苦しくなりそう。

で、この月を踏める色が果たしてどれだけ居るのか…ということなんですが、これが難しい。

幽々子を使う型ならば、花や雪、或いは日でも大きく不利は取られません。
幽々子や紫、或いは幽々子と蓮子が揃って盤面に居座ったりすると割と手が付けられないですけれども。
ブン回られた時は諦めるべきでしょうか。雪と日は幽々子を除去出来ればなんとかなりそう。
花は素直に展開力とイベントで潰せるはずです。ウィニーしか出なかったりするとボコボコですが。
幽々子型に対しては、宙が勝つのは厳しそうな印象です。ティータイムもガリガリ飛んできそうですし。

一方、幽々子を使わない月t日。
こちらはメルラン次第としか言いようが無いですね。
メルランが出なければ劣化月単で、これにはどの色でもなんとか。ただし、丁寧に動かれると雪ではそうそう勝てませんし、花もハンデスが決まりだすと苦しい展開。
宙に対してはやや苦しい。日に対しては結構微妙なところ。
ただし、メルランブッパからの流れが決まった時はどんなデッキだろうと絶対に手がつけられません。

で、最後に私の型。
これは自分もよくわかりません。今上げた2デッキよりも日と雪に対しての相性は良いです。
宙への相性は弱化。花に対してもイマイチ。
ただ、安定感で言えばずば抜けているので好みによっては十分選択肢になりうると思います。
これに関しては、そもそも私以外がランキングで使っているところをなかなか見られないのでまるで情報が足りてないというのが実際のところ。
一応150戦位は回しているのですが。

そうすると、この3種類をどれも踏めそうなのは結局花だけに絞られるわけです。
後は混色がどうかということなんですが、下手な混色はただ展開力が下がるだけなのでますます月に勝てない。兎角どうしたものやら分からない環境です。

色々メタを考えては居るんですが、如何せん私は今の自分のデッキが構築にしろゲームメイクにしろ一番楽しめる形なので(周りで同じ型を使っている人間も居ないし)いまいちモチベーションが足りず。
この一ヶ月は月環境が加速しそうですねー。ミラーの経験値が積めることを喜ぶべきなのかも。

メタの結論は6.0まで出ないかもしれません。
まあ、その時はその時でまた改めて考えなおしましょう。

それでは今回はそんなところで。

潜伏予定というか近況というか

最近は月単にハマっております。
プレイングにせよ構築にせよ、考えることが今迄とは見事なまでに別ゲーなのでなかなか面白い。
月t日とそこまで動きが違うのか? という疑問もあるかと思いますが、そこはメルランが如何にぶっ壊れているかを考えていただければ幸いです。

2月の東京公式で入賞した月単詐欺型も良いレシピなのは知っているのですが、こちらは賽銭詐欺なしの純正月単で遊んでいます。流石に火力も低いのでなかなか勝てない印象はありますが、突き詰めればなんとかモノにできないかなぁと画策しているところ。
私のプレイスタイルとしても、月は大好きなので使いこなしてみたいものです。
5.0になってようやく戦えるようになってきましたからね。

4月の東京公式は都合が合わないようなので、次に出られる公式が全国になりそうです。
それまでは、ランキング戦は花t雪で一本化してフリーで月単を調整していく形になりそう。
思ったより月単の仕上がりが良ければランキングでも使っていく感じですかね。
ひとまず全国の権利だけは手に入っているのでのんびりやっていこうと思います。
ここ最近は勝ち越しすら失敗したりしてレートが一気に下がったので、また下位からスタートし直しという感じです。勝ち星は結局殆ど花t雪に頼りっぱなしだったので、今後は月で勝てるプレイヤーを目指したいところ。

環境的に花t雪はまだ戦えるのはよく分かったのですが、デッキトップのカードパワーでゴリ押しするパターンが増えてきたので少し変化をつけてみたいなと。
構築が上手くいき過ぎたせいで、逆にゲーム中にプレイヤーがすることが減ってしまったというか。
デッキが強いというのもメリットばかりでは無いですね。

純正月単を使う人がそもそも少ないので、ちまちま研究しつつ開拓していきたいですね。まだ現状では厳しい部分が多いですが、全くの無理という程でもないので頑張ります。
花のカードパワーに慣れたところから月に触れるとなかなか茨の道ですが…まあ、慣れればなんとか。

雪月花が勝てるようになってきた時以来のモチベーションの高さなので、期待したいところ。
では短いですがそんなとこで。

迷走環境へ+5.0初期に作ったデッキまとめ

急に連続更新したり急に止まったりなのは仕様。
あれ以降一応3回ほど大会には出ているんですが、私自身今度の公式にどう挑むか方針が定まらないので裏であれこれ考えている最中です。私が何か言った所で影響は出ないでしょうが、気分的な問題で。
そんなわけで此処暫くのレポートは省略中です。次のレポは公式になりますかね。

本当に各色がごった煮で環境に居るので、かなりメタの読み合いが激しくなって来ました。
完全なじゃんけんの様相になっているなら苦しいところですが、そうはなりきれていないようなので危ういバランスながら楽しい環境になっているとは思います。

私は此処までで、ランキング戦は丁度40戦。28勝12敗と大崩れはしない戦績には落ち着いていますが、公式のことを考えるとちょっと心許ない感じ。
半壊したデッキが増えてきたので、忘れないうちに5.0に入ってから作ったデッキのメモでも残そうかと。

・雪月花(八雲家+秘封+ドロソ特化型)
ひとまず秘封スキーとしてはまず組まないと始まらないということで。
雪咲夜セット、花早苗、グレイソーマタージに加え秘封倶楽部陣営を12枚突っ込むぶっ飛んだ構築をしていました。最終的に勝てるパターンが結局レティと橙任せという酷い有様でしたが。
ネタとしては優秀でしたけどパーツ食い過ぎてたので解体。

・月単ハンデス型
今回の蓮子とメディスンが非常に優秀に見えたので。蓮子は結局単体でも強いカードでしたが、メディスンはなかなか難しかったですね。強いのは間違いないんですが、相変わらずブッパには辛い。流石にスペックが辛いですし、ちょっと私では運用しきれませんでした。未来はありそうですけど…

・月宙ハンデス
コンセプトは一緒。妖夢とマガン、里香辺りを混ぜてやる気を突っ込み、更にハンデス要素を増やしてみましたが…ハンデスのために盤面を作ると打点レースがかなり苦しいのでまともに勝てない構築になっちゃいましたねー。フリプで一回回したくらいでそのまま崩す。

・雪月花(グッドスタッフ型)
いつも通り。まずは組んでみましたが、結局単色だからこそ強いカードが増えてきちゃった部分があるので回っても勝てないことがしばしば。そうなると使い続けるのは苦しい印象でした。これも半壊中。

・花星八雲家
誰かが花紫使いたいって言ったから5分構築。一応作って回してみたはいいものの、今の環境で花単は苦しい相手が兎に角増えたなぁという結論に収束。安定してるのは強いけど、タップや列除去が増えてくると固めの強さが否定されやすいからなかなかレースで有利に立てないんですよね。
フルーツパンチさんの博麗神社を使いたかっただけです、正直。

・花日グッドスタッフ型
特にコメントすることがない。結局、フラン2種への適切な対応が思いつかずお蔵入り。
優秀なウィニーが豊富で使いやすいし強い印象はあるんですけどねー。うーん。

・日単
前からあった奴にぎゃーてー加えただけ。安定。

・宙単
天気雨入れて遊んでみたり。引きこもるタイプは楽しいですねー。やること少ないし回らない時は勝てる気が全くしないのはなんともですが。かなり惜しい所まで来ているはずなんですが…自分で使う気にはあまりならない。

・日t花 ランキング2勝2敗
藍様とマスパ突っ込んでおけば楽しいクソゲーが出来るよ! って言ってつくってみたのは良いものの、結局やってることは日単と殆ど変わってなかったんで日単へ戻って行きました。
月への相性が悪くなる上、事故率をわざわざ上げたくない印象がどうしても強い。相手にした時は花が混ざってる方が警戒するものが増えて嫌なんですけどね。

・花t雪 ランキング17勝6敗
4.0から引継ぎ。安定した強さを見せるが、ここ最近は1日に2敗する日も増えてきてしまいなんとも信用しきれない感じに。丁寧に使えばそうそう負けない構築をしているつもりではありますが、引きが弱ければなんだかんだ勝ちきれない相手が増えてきてしまった印象が強い。
まあそれでも環境見ながら使っていくことは間違いなさそうですけども。

・雪t花 ランキング4勝1敗
雪フランを如何にゴリ押しするか。結局それに尽きた。
フランが出なくても橙が出ればゲーム出来るし、橙とメルランなら橙の方が安定しやすいという発想からのこの構築ですが、強いは強いもののフラン依存が激しい状況が改善出来なかった上、使っている側からしてフランだけで戦うゲームというのがあまり面白くなかったので解体中。崩すほどのデッキではないかもしれませんけどぐぬぬ。

・花宙t雪 ランキング1勝1敗
以前レシピを上げたお遊び構築。パーツ食ってたので解体。
1勝でやりたいことやりきっちゃった感がヤバイ。

・雪月花(ハイランダー)
横浜で遊ぶための代物。
それ以上でもそれ以下でもない。

・月宙紅魔館
不夜城レッドとレミィ4積みから始める賢者構築。
レミィが出せずに普通ににとりゲーしてただけでした。終わり。

・花月ウィニー
流石に構築がぬるすぎてまともに戦えなかったんで即破棄。
このカラーリング自体は色々ありそうなのでもうちょっと考えたいところですが。

・月t日 ランキング4勝2敗
現在一番の懸案事項。構築にしてもプレイングにしても結構既存のデッキとは毛色が違う内容を求められるので、実際に使ってくる人がどれだけ居るかが読めない。また、私自身が使って強いのかも分からないので色々考えながら回しているところです。

・宙雪
月日メタを色々考えた挙句に組んでみたものの、花雪に勝てる要素が見当たらないのでそのうち崩すんだろうなぁと思いながら別の構築が思いつかないんで放置中。

・花宙
元祖花宙っぽい構築を目指して。あんまり使ってなかったけれども、プレイング突き詰めれば今の環境だとやっぱり安定して強いはずなのでひとまず手元においておくことに。
うーん、どうなんだろう。


引き弱勢でも勝ちきれるデッキってのはやっぱり難しいですねー。
レシピだけなら他にも幾つか作ってあるんですが、どうやっても何かが足りない。
環境がごった返しているからこそ、どれを使っていいものやら悩むばかりです。

ドロソ考察はまた気が向いた時に。
公式までになんとか調整したいところですが、公式前に出られるランキングは後3回ですかねー。
うーん、間に合わなそう。

5.0環境雑考 1月を終えて

大して試合数をこなしているわけではないのですが、大会に出ていて気になったデッキを幾つか取り上げて、色々考えてみたいと思います。
兎にも角にも、全色が使われるようになったのはいいことですね。
4.0の頃からジワジワと追いあげてきていた月と宙がようやく環境に首を突っ込めるようになった感じ。
勝ちを考えようとするとそれだけ苦労する環境になったとも言えますが。なかなか。

さて、じゃあ順番は適当に。

・雪t日

一時期よりは減りましたが、まだまだ残っているし警戒は必要。
月に一輪&雲山が来たので多少逆風なのかな? あんまりやることは変わりませんが。
4.0時代に比べて強化が来ているとしたら、雪阿求ですかね。
メディスンなんかは夢想封印のせいで殆ど息ができないので、その辺りと交代で投入する形に。
彼女は異常に強いし可愛いので、確実に強化はされているとは思いますが…雪t日の根本的な問題である、キャラが少ないことによる事故や除去耐性の低さ、フランが居ない時の火力の低さは全く改善されていません。
同じく雪絡みならフランの登場を許さずにゲームが出来そうですが、他の色は回られるとやっぱりどうにもならないかもしれません。
弱点を克服した斬新で強力な構築が出てこない限り、長丁場で残れるデッキではないはずだと思いたいところですがね。酷い時はどんな対策も踏み潰してくるデッキなので、その時は諦めるしか無いかな。
相性としては雪ミラーが不毛。他の色に対しては…殆ど引きで全てがひっくり返りそう。何だそれ。

・月t日

結局戦犯はメルランなんじゃないかなと思わせるこの…何?
分かりやすく強い雲山、雛の追加に加え、型にはまれば無類の強さを誇る美鈴、蓮子のエース級AFが追加されたことにより一気に底上げされた色。
サブウェポンとして月幽々子を突っ込むのか或いは藍橙アリスを混ぜるのか、その辺は各人の構築次第と言ったところでしょうが(後者の方がメジャー?)、いずれにせよ怖い相手になってきました。
にとりを引いてしまえば、後は幾らでもゲームを操作出来るのでなかなか安定性もある。
キーとなる面々が、にとり、紫、メルランとそれにシナジーを持つメンバー。雪フランのようなワンマン構築でもないし、メルランに依存している部分はあれどそこまで安定性が低いわけでもない。
月絡みはプレイングや構築に個人差が大きいので、一概に対策を立てられるわけではないのですが、相性としては日単が多少やりづらい様子。
盤面構築が必須になるので、逆に盤面で勝負しにいく花は十二分に狩られる可能性がある。
にとりやメルランが居ると除去も効果が薄いので、上位に食い込んできそうな感じもします。

使うとすると日単対策が課題ですね。
永夜返しは積んだとしても3ハンド抱えて動ける程の余裕はないし、魔理沙の能力マスパも警戒する必要があるので苦しい戦いになりそう。
日単を意識するなら、きのこは多め、村紗も2~3枚積んで動くキャラに合わせていきたいところ。
主軸となる霊夢や魔理沙が4コスだから一瞬マミゾウ入れるのもありかと思ったけど流石にギャグか。
といっても、日からしても月は嫌な相手なので…なんとも。

少しメジャーっぽい型を真似しつつ要研究かもしれませんねー。
今私の手元にある月t日は何故か月諏訪子構築になってますし。…うん。

人魂灯を くらえ!

・花月

構築が人によって違いすぎるため正直なんとも言えません。
対応力をあげようとすると枠がボッコボコになるので、私も何度か組もうとして挫折しているところ。
地味な構築をしてしまうとAP不足になるため、日や宙が辛い。
大型ばっかで押すと当然雪相手がやりづらい。間を取ろうとすると…よく分からない。
地味で負けない構築ではありますが、決して打点効率が優秀ってわけでもないので。
うーん、どうなのかなー。

5.0月輝夜に関しては「4枚じゃなければ起動できない」のかどうか早いところ裁定が出て欲しいですね。
使う側としては…初手に引けないとただのバニラなので、全く信用出来ないのでなんとも。
通れば大体勝ちが見えるのでなんか究極の引きゲーと化す気がしますが。
結果を残せる花月は一番構築が難しい。

・花雪星

従来の型に、お好みで雪阿求と花藍をどうぞ。夢想封印も入れたければどうぞどうぞ。
単純にそれだけの強化が来ているので、やっぱり上位なのは間違いなし。
ただ、相変わらず3色でご都合主義なパーツを持っているので最大火力はかなりブレる。
ミラーはかなり不毛な勝負になるのと、魔理沙が出ない場合以外と打点が小さいこと、また構築の都合上AP2のDFに不足しがちな部分をついていきたいところ。
まあ、でも弱点は少ないので回られたら諦めるしか無い。安定性高めの上位デッキ。

・花日

マイルドでそれなりに安定しそうなので面白そうな配色。
ちょっと吟味し直して作っておきたいんですが、フラン2種が課題。
雪フランをなんとか出来ないかなぁというところなんですけど。
ナズーリンを安全に運用できる数少ない型なので要研究。
雪フランは…うーん、どうにも分からん。
大妖精が楽しそうだなーと思っただけです。いや、自分でも使ってたんですけどね。

・宙単

諏訪子と剣と、天則牽制が非常に強力。
小型の性能が非常に優秀。
てゐや小悪魔、日傘なんかを積んでおくとなかなか面倒臭い。
盤面でのバトルに特化して強い色という印象。
以前からちまちまと力をつけてきてはいましたが、雪が一時期より下火になったことで剣の強さが露骨に環境を荒らしている感じです。
日単に対しては剣が信用できなくなる代わりに諏訪子のアドが響きやすく、ヤマメ等が立てばかなり有利をつけられるし、花相手なら中型に勢い剣を張るだけでゲームが成立したり。
アイテムメタが非常に欲しいところですが、現状はまともなものがないのでどうにもなりません。
器用な動きは余り出来ないので、それを如何にしてついていくか…というところですが。
雪以外には苦手な相手があんまり居ないのかも。それは強いなぁ。
花だと藍や諏訪子で嫌がらせ出来ればなんとか有利に立てるんですかね。
むむむ。

・日単

兎角マスパが面倒で。
宙単がちょっと辛いかもしれない位で、後はなんとでもなるのが怖いの何の。
困ったらマスパで吹き飛ばせば良いし、打点は周り次第で入れ続けられるので今回も上位。
ただ、ハンドが噛み合わない時はいまいち動きが振るわない上、橙とレティに対してはどうにもならないのがやはり回す側からすると嫌なところです。
相手にすると盤面を作るのが非常に難しいので…なかなか。
どうにも私の中で日単は勝ち切れない1敗ラインの印象が強いので、自分で使う感じにはならないのですが要研究かなー。あんまり回したくないのが本音なんだけど。

・日t花

ちょっとマイルドな日単。
マスパと夢想封印が両方飛んでくるのは相当気持ち悪い。
花藍とマスパっていう恐ろしいシナジーもあるし、あんまり相手にしたくない相手なのですが…
花を混ぜた以上それだけマスパは打ちづらくなっているし、日単より無条件で強い! っていうことはないとは思いますけれど、回られたら日単よりも強そうな印象ですね。
藍能力からマスパ、とか言われたくないなぁ。

・花t雪

名古屋の影響があるのかどうかは知りませんが、たまーに見る程度。
大体私です。

雪フラン、日単に対しての相性にやや不安が残る程度で(日単に関しては私のプレイングが下手なだけの可能性も大きい)後は全てに五分以上がつけられると思いたい構築。
結局、私との相性的にもこれ以外のデッキが信用出来ないのが現状だったりします。
ただこれで負けずに公式大会クラスで残れるのかというと…まあ、最後は運なんでしょうけど。
何だかんだ天子を使えて強い構築ならば否定する理由も無いので、もう少しこのデッキを煮詰めていくことになるんでしょうかね。
他の構築も面白そうなものは手元に作る予定ですが、2月はまた暫くこの構築で遊ぶ予定です。
ちょっとずつ調整加えて勝率上げられれば良いですね。


で。
花単と花宙はめっきり減ってしまいましたが…結局どうなんでしょう。
雪フラン次第になってしまいそうですけれども、花宙フランはまだ戦えると思うんですけどね。
花単に関しては弱くはないけど、どの相手にも勝てるかっていうと辛そうな印象ですが。

むー。難しい。
溜まってるレポとデッキレシピはのんびり消化していきます。
ドロソに関しての考察を早く書きたいんですけれども。
プロフィール

だくねす佐倉

Author:だくねす佐倉
TCGは東方銀符律とかいうのをやってた人です。
CoJは難しいなぁ。今はJⅢ。
天子とか阿求とかすき。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。